コーヒードリッパー プロ

一気に強く注いでしまうと、粉が上に舞い上がり薄いコーヒーになってしまうので、注意しましょう。, ちなみに、このとき、上に上がってくる白いアクのようなものが、コーヒーの「雑味」に当たります。 見事A+を獲得したドリッパーは2つありました! まずはキーコーヒーの「Noi クリスタルドリッパー」。ドリッパー内側がダイヤカットの形状になっており、抽出のスピードを自然にちょうどよく調節してくれます。底にある穴は1つです。 【初心者必見!】プロがおすすめするお家で美味しいコーヒーを入れるための器具ードリップ編ー. コーヒーのプロ と ... 2.コーヒードリッパー. ぜひ、アカデミーで学んだ成果を発揮してください!, なお、審査員の皆さんには、コーヒーを淹れている様子を少し離れた場所で見守っていただき、ジャッジするときは、どちらが淹れたコーヒーかわからないようにお配りします。, ムラノ:「まずは香りを嗅いでみます。ああ〜いいにおいですね、これは。豆は押しつけたらダメなのかな? 12gって、どれくらい? 何で先生の豆はこんなにふくらんでるんだろう。あ、隣見たらダメ?」, ムラノ:「できたけど、本当にこれでいいのかな? 濃いような気もするけど……てか先生、淹れるの、遅くないですか? 何で、そんなに時間かかってるの?」, 審査員の皆さんには赤と青の札(ふだ)をお渡しし、どちらがおいしかったかを、判断していただきます。, ムラノ:「どうやったら、こんなにおいしくコーヒーを淹れられるんですか? おいしいコーヒーを淹れられる男になって、女の子にモテたいです!」, ちなみに、今回使用した豆は、レインフォレストアライアンス認証農園のコーヒー豆。すっきりとした酸味で、飲みやすいレギュラーコーヒーです(業務用のみ)。, My COFFEE STYLE MAGAZINEでは、コーヒーを淹れるためのアイテムや、フィルターについてもご紹介しています。 器具に合わせて豆の挽き方を変えることで、より美味しいコーヒーが淹れられます。, 美味しくコーヒーを飲むために押さえておきたい、コーヒー豆の挽き方はこちらで解説しています。, 計りを一度0gにリセットし、お湯を80ml → 40ml →20ml と3回に分けてやさしく注ぎます。, 注ぐときは、フィルターにはかからないように中心で小さく「の」の字を描くようにしてください。 コーヒーのハンドドリップに大きな影響を与えるコーヒードリッパー。各メーカーからさまざまな製品が販売されているため、味の好みや自身の使い方に適した製品を選ぶのが大切です。今回はおすすめのコーヒードリッパーを厳選してご紹介します。 です。 なぜなら、味の出方に影響がでるのが、この. origamiのドリッパーは、 豆の味を最大限に引き出すために 空気が通る縦溝が彫られました。 すべては、より美味しく、より美しい 一杯のコーヒーのために。 origamiは、常に最高の一杯を追い求める バリスタを道具から応援しています。 今回対決していただいた川口先生も講師として所属されているので、興味がある方はぜひアカデミーを覗いてみてください。, ▲川口先生、講義のあとで残って審査員をしてくれた生徒の皆さん、今日はありがとうございました!, 美味しいコーヒーを飲むためには淹れ方や器具に加え、コーヒー豆の選び方や保管方法に気を配ることも大事です All Rights Reserved. 自宅やアウトドアで本格コーヒーを楽しみたい時に選ばれるアイテムが、コーヒードリッパーではないでしょうか。けれども、各メーカーから展開されており、形状や素材、抽出穴の違いもさまざまなため悩んでしまうこともありますよね。, そんな時にプロのバリスタが、実際に使用しているコーヒードリッパーを参考にできたらと思いませんか?, 今回、ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフォン部門で優勝され、プロのバリスタとしてご活躍されている小池美枝子さんに、おすすめのコーヒードリッパーをご紹介していただきました。, また併せて、コーヒードリッパーの選び方と、IPPING編集部調べによる口コミ人気ランキング10選を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。, ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ審査員。2006年ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップサイフォン部門で優勝。現在は地元・茨城で 『コーヒーアカデミードンマイスター』を営みながら、精力的に指導にも従事。, 最初に、バリスタとしてご活躍されている、小池美枝子さんのおすすめコーヒードリッパーを紹介していきます。, コーヒーを美味しく淹れるために大切なことは、最適な時間・温度・注水のバランスになります。, この絶妙なバランスを、お湯とコーヒー粉をドリッパーに入れるだけでつくることができます。忙しい朝にも、このアイテムがあれば、本格的なコーヒーを味わえますよ。, また、付属の蓋は抽出中には保温のために、抽出後にはドリッパーの受け皿として使えるのも嬉しいポイントですね。, 使い勝手が良いドリッパーで、コーヒーだけでなく普通のドリッパーとして使うこともできますよ。, ここでは、コーヒードリッパーを選ぶ際にチェックしておきたい4つのポイントを解説していきます。, コーヒーの味わいに影響を与えるドリッパー形状は、特に底部の形が大切になります。この底部の形状は、主に台形型と円錐型の2種類です。以下で、詳しく特徴について触れていきましょう。, 台形型の場合、底面がフラットなためコーヒーを抽出する際に一度“溜まり”ができます。注いだお湯が、底に溜まりながら抽出穴から落ちていくので、しっかりとしたボディ感のあるコーヒーへと仕上がります。, 円錐型は、その形状から台形型のように底部に溜まりができません。抽出されたコーヒーがそのままカップなどへ落ちていく仕組みになっているので、台形型のドリッパーよりも抽出時間は短くなります。, 出来上がりの味わいとしては、甘みと酸味のバランスが取れたスッキリとした印象になります。, ここでは、抽出穴の数の違いによって表れる、淹れ方や味わいの違いについてみていきます。, 注ぐお湯の量やスピードをコントロールすることで、抽出時のスピードもコントロール可能になります。, 自分好みの味わいを作りやすい反面、基本の淹れ方をマスターしていないといつも違う味わいになってしまうおそれもあります。, 抽出穴が複数になっていることで、底部に溜まりを作りやすい台形型のドリッパーでも溜まりを起こしにくくなり、雑味の少ない軽めのボディ感へと仕上がります。, コーヒードリッパーを選ぶ際に外せないのが、素材。コスパや使い勝手の良さ、コーヒーへのこだわりといった好みに合わせて選ぶことができます。, 陶器のコーヒードリッパーの魅力は、おしゃれな見た目と保温性の高さです。そのため、コーヒー好きな方の中でも多くの人が陶器素材を選んでいるようです。, また、金属製のドリッパーよりもコーヒーの味への影響がありません。コーヒーの味わいをダイレクトに感じることができます。, 透明で清潔感もあるため、コーヒーを淹れていない時にはちょっとしたインテリアにも。部屋の雰囲気をおしゃれに演出してくれるのも嬉しいポイントです。, また、陶器と同じように金属素材よりもコーヒーの味への影響がありません。コーヒーそのままの味わいを楽しむことができます。, ただ、抽出している間に冷めないように、最初に使う際にはドリッパーをしっかりと温めておくようにしましょう。, 金属製の最大の特徴は、熱伝導率が高い点です。その中でも、銅製は熱伝導率の高さにプラスして、耐久性と硬化性にも優れています。さらに、年数を重ねるにつれ、独特の色味を醸し出してくれます。, ただ、熱伝導率が高い反面、温度の変化が激しいという難点もあります。銅製の場合、抽出時のコーヒー粉と注ぐお湯の温度が冷めやすく、ドリッパー内の温度を調節するのが難しいため、初心者の方には扱いが難しいかもしれません。, プラスチック素材のコーヒードリッパーの特長は、軽量で丈夫、そしてコスパが良いことではないでしょうか。, 多くのメーカーからも展開されており、最も手に取りやすいドリッパー素材といえます。使い勝手の良さから、初心者の方におすすめです。, その一方で、他の素材に比べて熱に弱いのが弱点。また、表面にキズやほこりが付きやすいというデメリットもあります。, ここでは主要メーカーを例にし、形状・抽出穴・素材といった特徴ごとの違いを詳しくみていくので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。, 『カリタ』が手掛けるコーヒードリッパーは、日本で最も有名な製品の1つです。ドリッパー形状は台形になっており、抽出穴は3つとなっています。, ドリッパー内側にある溝(リブ)が扇型デザイン、さらに独自の3つ穴構造が抽出の際にコーヒーに雑味が出てしまうのを防いでくれます。, 3つ穴ドリッパーでコーヒーを美味しく淹れるコツは、適正な蒸らし時間と“細口”ドリップポットでゆっくりと安定してお湯を注ぐことです。, ペーパードリップの開発者メリタ・ベンツが、1908年に創業したドイツのメーカーです。, 『メリタ』のコーヒードリッパーの特徴は、台形型と抽出穴が1つであること。流体力学に基づいたドリッパーデザインによって、誰でも手軽に理想的なコーヒーを淹れることができます。, コーヒー粉からまんべんなく・じっくりと抽出するため、安定した同じ味わいをいつでも楽しむことができます。さらに、時間をかけてコーヒーを抽出していくことで、苦味のあるしっかりとしたコーヒーへと仕上がります。, また、一度でお湯を注いでしまうのが一般的な淹れ方になります。何度もお湯を注ぐ必要がないため、忙しい朝におすすめです。, 1921年に創業した日本の耐熱ガラスメーカー『ハリオ』。海外への販売シェア率も高く、日本を代表するメーカーです。, 同社のコーヒードリッパーの場合、形状は円錐型で抽出穴は1つです。さらに、内側の溝が渦を巻いたデザインになっているのも特徴的です。, この渦型溝と1つ穴によって、注いだお湯が中心に向かって流れていくことで、コーヒー粉の層を通る距離が長くなり、コーヒーの成分をしっかりと抽出。旨味のあるまろやかな味わいへと仕上がります。, また、お湯の量に応じて抽出量を調節することができるため、味に変化をつけることも可能です。, 『珈琲サイフォン株式会社』が研究を重ね、1973年にコーヒードリッパー『コーノ』を開発し発売しました。, こちらの形状は、円錐型で抽出穴は1つとなっていますが、実はその内側にある溝は他のドリッパーとは異なり、ドリッパーの下部にしかありません。, さらに、抽出穴からペーパーフィルターが、飛び出るようにデザインされているのも特特徴の1つです。, ドリッパー上部に溝がないため、ペーパーフィルターがドリッパー上部に張り付き、また抽出穴から飛び出ていることで、注いだお湯が自然に一点に集まっていきます。, 抽出されたコーヒーが直にカップに落ちるため、お湯の量や注ぐ位置によって味わいを変えることができます。, そのため、コーヒーを淹れた人の意図が反映されやすく、淹れる度に異なる味わいを楽しむことができるため、プロの方にもよく使用されています。, ここからは、最高の一品をお届けするサイト『プロの逸品』のコーヒードリッパー・ランキングをご紹介していきます。, 『和平フレイズ』が手掛けるコーヒードリッパーは、円錐型形状となっているので注いだお湯がドリッパーの底に溜まらず、比較的スッキリとした味わいのコーヒーへと仕上がります。, 同アイテムは、熱伝導率が高く耐久性と耐食性に優れたステンレス製。ドリッパーメッシュもステンレス製になっているため、ペーパーフィルターが必要ありません。使い勝手の良さもおすすめのポイントです。, ドリッパーメッシュ部分に特殊ステンレスを採用したことで、コーヒーオイル(コーヒーの味わいを左右する香味成分)をしっかりと抽出でき、コーヒーが持つ独特の香りや味わいを感じることができます。, 熱い夏場にはカップに氷を入れてドリッパーを使うと、アイスコーヒーへと早変わり。1年を通してコーヒーを楽しみたい方におすすめです。, また、ドリッパー底部にはアタッチメントが施されているので、お持ちのカップでもグラつかずに使用することができます。, 特徴的なのが、ドリッパー底部に開けられている小さな3つ穴の抽出口です。通常、台形型のドリッパーの場合にはコーヒーを抽出する際に一度底に溜まりが出来ますが、同社の場合は3つ穴があることで溜まりができにくくなっています。, そのため、一定してコーヒーが滴下していくので、雑味の少ない味わいへと仕上がります。, 陶器は保温性があるため、抽出している間の温度変化も起こしにくく、コーヒーの香味を損ないにくいという特徴もあります。, 特徴的な3つの機能によって、淹れ方次第でコーヒーの味わいを変えられるコーヒードリッパー。, 計算された60度角の円錐型によって縦にコーヒーの層が厚くなることで、注いだお湯がコーヒー粉に触れている時間が長くなり、コーヒーが持つ豊かな香りと味を抽出することができます。, さらに、渦のような「スパイラルリブ」と大きな1つ穴の抽出口によって、コーヒー粉がしっかりと膨らみスムーズな抽出が可能。よりネルドリップ(注)に近い仕上がりへとなります。, 注釈:「ネルドリップ」とは、「ネル」と呼ばれる布製のフィルターを使用して、コーヒーを淹れます。まったりとした口当たりに、味わいにはほんのりとした「甘み」が感じられます。(参考:shallwedrip.com), 『V60』シリーズは、その特徴的な形状とデザインによって、コーヒーの旨味をしっかりと抽出でき、さらに淹れ方ひとつで異なる味わいを楽しむことができます。, 注ぐお湯の速度を素早くするとスッキリ味に、ゆっくりするとコク深い味に仕上がります。, 洗練されたフォルムデザインに、計算された機能美が光る『HARIO』のコーヒードリッパーです。, コーヒー本来の豊かな香りと味わいを余すことなく堪能できる3つの機能は、60度角の円錐型・スパイラルリブ・大きな1つ穴の抽出口。これらの機能によって、淹れ方を変えることでスッキリとした味わいからコク深い味まで楽しむことができます。, また、ドリッパー本体とアタッチメントは、流れるような流線美に仕上げられています。抽出時間も、目で楽しむことができますよ。, アウトドア用品を手掛ける『UNIFLAME』からラインナップし、手軽に本格的なコーヒーを楽しむことができる一品です。収納時には2cm程度の厚みになり、携帯性も抜群です。, こちらのコーヒードリッパーのように、壁面のないものをコーヒーバネットと言います。壁面がないことによって、コーヒーを抽出する際に発生するガスを逃すことができ、雑味の少ない味わいになります。, また、耐久性と耐食性に優れたステンレス素材を採用しており、キズやサビに強いのも嬉しいポイントですよ。, こちらは、2種類のステンレスを使用した2層メッシュによって、耐久性と熱伝導率を高めています。, 円錐型を採用しているためコーヒーの濃さを調節可能。注ぐお湯の速度によって、スッキリ味からコク深い味まで楽しむことができます。, レビューには「驚くほどに美味しいコーヒーを淹れられる」「見た目もおしゃれで、大小のカップにも対応できる」などの声が寄せられています。, コーヒーを熟知した同社の技術の粋を集めたドリッパーは、まるでクリスタルのようなダイヤカット形状が特徴。, このダイヤカットされたドリッパー壁面によって、ペーパーフィルターとの接地面がジグザグとした凹凸ができ、コーヒーがゆっくりと流れ落ちていきます。, コーヒー全体を均一に抽出していくので、酸味と甘みのバランスが取れたコーヒーへと仕上がります。, 極上ネルドリップ(注)を再現する『V60』とサーバーを1つにした、ドリップイン式コーヒードリッパー。, まるでネルドリップのような、コーヒー本来の豊かな香りと味わいを感じられる特徴的な機能(60度角の円錐型・スパイラルリブ・大きな1つ穴の抽出口)をそのままに、コーヒーサーバーに収めています。, サーバーと一体型になっているおかげで、一回に抽出できる容量が700mlとグッと増えているのも嬉しいポイントです。家族が多いご家庭や来客の際に重宝しますよ。, ご参考までに、コーヒードリッパーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。, Amazonのコーヒードリッパー売れ筋ランキング楽天のコーヒードリッパー売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのコーヒードリッパー売れ筋ランキング. Everything, for the best coffee with Barista. 全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ... 日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや... 『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米... フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活... 美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ... 世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV... キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演... 元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに... 整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮... インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人... プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会... NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す... 『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ... 海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。... All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ... 「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー... ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ... TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため... 調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた... 電気を使わないコーヒーメーカーです。お湯を上から注ぐと、ドリッパーの中で自然とお湯が下に流れ落ちていくという仕組みで、放っておいてもコーヒーが出来上がります。, 陶器のドリッパーは、素材が持つの質感がコーヒーに入りません。ダイレクトにコーヒーの味を楽しめます。, 陶器とガラスは、どちらもよく温めてから使うことがポイントです。同じように温めた場合、ガラスより陶器の方が保温性は高いです。, プラスチック素材は使いやすくて、値段も手ごろ。コーヒードリッパーの入門編としてはプラスチックがいいかもしれませんね。, 注釈:「ネルドリップ」とは、「ネル」と呼ばれる布製のフィルターを使用して、コーヒーを淹れます。まったりとした口当たりに、味わいにはほんのりとした「甘み」が感じられます。(参考:. お湯の速度を切り替えて、濃さを変えられるハイブリッド型コーヒードリッパー。 プロのような濃さの調整を簡単に楽しむことができます。急いでいるときにも素早くドリップが可能。; ドリッパーと一緒に使う淹れ方アドバイスをするウェブアプリを公開。IoTアタッチメントも開発中。 「クレバーコーヒードリッパーを一度使い始めたらもう手放せない。」 そういった賛辞の言葉をよく聞くことがある。「コーヒーのプロ」から「コーヒー初心者」まで全世界で多くの人達に愛用されているクレバーコーヒードリッパー。 そこにはどんな理由があるのだろうか? 『珈琲素人がゆく!』第2回は、素人とプロのハンドドリップ対決をお届けします!「コーヒーは、淹れる人によって味が変わるのか?」珈琲素人・ムラノのそんな素朴な疑問に、uccアカデミー講師の皆さんが実演を交えながら、答えていきます。 自宅やアウトドアで本格コーヒーを楽しみたい時に選ばれるアイテムが、コーヒードリッパーではないでしょうか。けれども、各メーカーから展開されており、形状や素材、抽出穴の違いもさまざまなため悩んでしまうこともありますよね。 そんな時にプロのバリス 純粋に「淹れ方のみ」で勝負をする、ガチンコ対決です。, 審査をしてくださったのは、川口先生の教え子の皆さん。 新鮮なコーヒー豆の選び方や、コーヒーの香りや風味を損なわない保管方法を押さえ、コーヒータイムをより楽しみませんか?, コーヒーアカデミーのベーシックコースを修了し、現在、プロフェッショナルコースを受講中の5名の方々, ちなみに、このとき、上に上がってくる白いアクのようなものが、コーヒーの「雑味」に当たります。, コーヒーアカデミーでは、コーヒーの基礎知識から淹れ方・楽しみ方まで体系的に段階を追って学ぶことができます。. コーヒーの仕事をしています「あるふぁ」と申します。コーヒーの持つ多種多様な魅力に魅せられコーヒーの世界に入り、もっとより多くの方々にコーヒーの魅力をお伝えしていきたい、という想いでコーヒー情報サイト「コーヒーリテラシー」を立ち上げました。プロフェッショナルの視点から、より多くの日本人の方にコーヒーの魅力や楽しさを知ってもらえるよう、コーヒーに関する様々な情報を発信しています。コーヒーを仕事としている方からコーヒー好きの方まで、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。, そんなジレンマを抱えた人の悩みを100%解決するコーヒー器具が、隣国・台湾から生まれた「クレバーコーヒードリッパー(Clever Coffee Dripper)」だ。, もうすでに世界中のプロのコーヒーマン(バリスタやロースター)、そしてコーヒーラバーからも多くの賞賛を得ているコーヒー器具なので知っている人も多いかもしれない。, 「コーヒーを始めたばかりの人」から「コーヒーのプロ」まで世界中で多くの人達に愛用され、高い評価を得ている「クレバーコーヒードリッパー(Clever Coffee Dripper)」を紹介したい。, ハンドドリップは楽しいからこそ、今の今まで廃れずに残ってきたんだと思う。ただ毎回同じように淹れているつもりでも動きにブレが生じ、よっぽど上手な人でない限り味も毎回変わってしまうというデメリットもある。実はプロのバリスタであってもハンドドリップで毎回一寸の狂いもなく抽出するのは至難の技。, それに対し、挽いたコーヒー豆にドバッとお湯を注ぐだけの超絶簡単なクレバーコーヒードリッパーはテクニック要らずなのに加え、毎回誰がやっても同じような味のコーヒーを作ることができる高い再現性を持ち合わせているのが最大の特徴。, 「美味しいコーヒーは飲みたいけど淹れるのがめんどくさいな。」という人には最適である。, クレバードリッパーの仕組みは、コーヒーとお湯をフレンチプレスのように一定時間漬け込み(抽出弁が閉じた状態)、時間がきたらサーバーの上にクレバードリッパーを乗せ抽出弁を開かせることで濾過する。, フレンチプレスのようにコーヒーとお湯を一定時間漬け込むことで、コーヒーの成分をしっかりと引き出し、そのコーヒーの持つ味をダイレクトに味わうことができる。またハンドドリップのようにペーパーフィルターで粉を濾過することによりクリアーな味わいと滑らかな質感のコーヒーが完成する。, そんなクレバーコーヒードリッパーはフレンチプレスとハンドドリップの良いとこ取りのハイブリッド型のコーヒー抽出器具なのだ。, クレバーコーヒードリッパーを使った詳しい抽出方法は別記事『【簡単美味】クレバーコーヒードリッパーで最高にクリーンで甘いコーヒーを作る方法』で解説しているのでぜひ参照していただきたい。, 毎日のコーヒーライフを楽しむ上で、コーヒー器具の手入れの簡単さというのはとても大切なポイントになると思う。ペーパーフィルターごとコーヒーかすをゴミ箱へインして、水洗いして自然乾燥して終了。日々の手入れはこれで十分。, これはクレバードリッパーで僕がとても気に入っているポイント。一定時間漬け込んでいる間は何もする必要がない。そのため店舗での使用であれば他の作業をすることができるし、家庭での使用であれば身支度や洗い物など別のことをできるということ。特に通勤・通学前の朝の忙しい時間帯には本当に助かる。, クレバーコーヒードリッパーの残念だと思っているところはデザイン性。同じ性能でよりスタイリッシュなデザインのクレバーが発売されたらすぐに買うと思う。, 「美味しいコーヒーさえ淹れられればデザインは特に気にしない」というのも一理あるのだがやはり毎日使う器具がカッコよくてデザイン性に優れたものであれば、コーヒーライフがより更に楽しいものになるに違いない。, デザインは同じだが、カラーが半透明の黒のタイプも実は販売されている。こちらの方がほんの少しだけおしゃれ。, テクニックいらずで、誰が淹れても同じ味になる再現性に優れた台湾製コーヒードリッパー「クレバーコーヒードリッパー」は忙しいビジネスマンや主婦の強い味方。, ハンドドリップみたいにテクニックにこだわってコーヒーを淹れたい人には少し物足りなく感じてしまうのは否定できないが、手軽に簡単に美味しいコーヒーを飲みたい人には声を大にしておすすめしたい。クレバードリッパーで今よりもっと美味しいコーヒーライフを送ろう。, 手挽きコーヒーミルは国内・国外にて様々なモデルが開発・販売されている。   ■ ポーレックス(Porlex)■ Zpro(ジープロ)■ Ti[…], 先日の出来事。 店舗で飲んで「美味しい!」と思ったコーヒーと同じコーヒー豆を購入し、家で淹れてみたが味が全く違うという経験をした。お店の人の[…], ハンドドリップは長年HARIO V60を使っていたのだけどついにゲットした。 そのドリッパーの名前はORIGAMI(オリガミ)。折り紙のよう[…], 間違いなく日本でエスプレッソが文化になる。 そんな予感を強く感じさせる次世代のエスプレッソメーカーとしてコーヒー業界内外で大注目を浴びている[…], 美味しいコーヒーは毎日の器具のお手入れで決まる。 特にコーヒー豆を挽くコーヒーミルのお手入れは他のどのコーヒー器具よりも大切。今回は微粉の発[…], コーヒーの仕事をしています「あるふぁ」と申します。コーヒーの持つ多種多様な魅力に魅せられコーヒーの世界に入り、もっとより多くの方々にコーヒーの魅力をお伝えしていきたい、という想いでコーヒー情報サイト「コーヒーリテラシー」を立ち上げました。, Flair Espresso Pro2でプロ顔負けの本格的なホットカフェラテを作る方法, 世界チャンプが認めたコーヒーキャニスター!FELLOW Atmos(アトモス)で常にフレッシュなコーヒーを飲もう【レビュー】, FELLOW「Prismo(プリズモ)」はやっぱり凄かった!エアロプレス専用アタッチメント購入レビュー, [使用レビュー]コマンダンテ(Comandante)コーヒーグラインダーを1年間使い倒してみた感想, [使用レビュー]プロのバリスタおすすめ!最強コーヒースケールBrewista Smart Scale Ⅱ (ブリューイスタ スマートスケール 2), 次世代型オールインワンコーヒーメーカー「SCOPE(スコープ)」の登場が待ち遠しい!, 話題の滴下式水出しドリッパー「Wiswell Water Dripper」を徹底レビュー, 【初心者必見】コーヒーを始めるならまずはこれ!HARIO(ハリオ)ドリップスケールがおすすめな理由(レビュー), 凄みを感じるドリッパー「Made in Tsubame ウェーブドリッパー」を使ってみた【レビュー】, KINTOのFOGマグはヘビーユーズ必至。デザイン、機能性、コスパどれも◎【レビュー】, 【Flair Espresso Pro2】を使ってみたがすごい!プロのバリスタが本気でレビューしてみた. そして、コーヒーにちょっと興味をもちはじめて、これからコーヒーの扉を開こうとしている方!, コーヒーマイスターとしての資格を取得し、スペシャルティコーヒーに携わり15年の間、, お家でおいしいコーヒーをいれるために、あったらいい器具 について、お伝えしたいと思います。, もともとのコーヒー豆自体が、全然おいしくないコーヒーだったら、おいしいコーヒーにはならない!!, コーヒーを粉の状態でお店で購入したとすると、そのあと、お家でどんなにドリップにこだわっても、, その上、コーヒーは粉に挽いてしまうと劣化も早いので、お家でおいしく飲める期間も当然短くなります。, 最近流行のサードウェーブ系、ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)さんでは、, そのガスが発生しているコーヒーの粉にお湯を注ぐと、ふわぁ~♪っとコーヒーがふくらみます。, 「コーヒーをいれていて、全然コーヒーがふくらまないのは、自分の技術がないからだ~!」, コーヒーは、粉にひくと、ガスの抜けるスピードが、豆のままに比べて、とてもはやいです。, 粉がふくらむか、ふくらまないかで、はっきりと焙煎してからの時間の経過しているかどうかが、本当にわかります!!, 「コーヒーミルって、安いものではないし、色々あって、どんなコーヒーミルを選んだらいいのかわからない!」, 「おいしいコーヒーをおうちで淹れるためのコーヒーミル」 を選ぶときに気を付けてほしいこと、, コーヒーミルといっても、機能もいろいろ、価格もデザインも、いろいろなものがあります。, おいしくコーヒーをいれるために、コーヒーミルに必要な機能として、よく言われるのは、以下の3つ。, 1 粉の粗さを均一に挽けないと、毎回、味にバラつきがでて、安定した美味しさをだすことができない, (3の熱に関しては、家庭では、そこまで連続してたくさんのコーヒーをひくこともないでしょうから、そんなに気にするほどでも無いかいとは思いますが・・・。), ピコでも、店内で珈琲豆を挽くときには、この前機種の、ナイスカットミルを使用しています。, 他の安いミルをいろいろ試してみたうえで、最終的に上記のコーヒーミルにたどりついた方々も多い  です。, 「最初からわかっていれば、安いミルを何個か買った値段と同じ価格で、買うことができたのに~」 という方もいます。, 「最初に買う時には、値段が高くてどうしよう・・・。と迷ったけど、14年以上使ってるけど1度も壊れてないし。結果的には、安い買い物だったと思います。」 というお客様も。, どちらも価格は多少高くなりますが、一生ものと思って使えば、安いのではないでしょうか。, もちろん、もっと値段が高くて、ナイスカットGの上のランクをいく、カリタのNEXT Gや、, やはり、家で使うには、あまりに大きかったり、重かったりすると、女性には大変なので~。, 刃の構造によって、微粉の出方や、熱の影響などあるのですが、詳しくはまた別途の機会にご説明できればと思います。, 今回は、そういった刃の構造なども含め、今まで色々なミルを試してきた経験をふまえて、, 最初におすすめしたミルとは、刃の構造が違い臼歯なので、摩擦熱がカット刃より出るとも。, でもでも、どうしても、すぐにミルがほしい!!3000円くらいで買えるものだっていいじゃん!, と思って、手動ミルを購入しても、数回使ったら、面倒になり、そのまま放置する、という方が本当に多いんです。, コーヒーミルといっても、電動ミルにするか、手動ミルにするか、価格も様々、デザインもいろいろですので、, 最終的には、ご自分の生活スタイルにあわせて、ご自分の納得いくものを選んでみてください♪, ちなみに、コーヒードリッパーとは、コーヒーを淹れるときに使う、底に穴の空いた器具のことです。, カリタ、メリタ、コーノ式、ハリオなど、それぞれのメーカー によって、味の出方に違いがあります。, 陶器やプラスチック、ステンレスなど、素材によっての風味の違いは、そんなに大きくはないと思っています。, それよりも、それぞれのメーカーで、ドリッパーの穴の数、溝の大きさ・深さや構造に違いがある ため、, また、ここで関わってくるのは、コーヒーの抽出方法=コーヒーのいれかた、になりますが、, コーヒーのドリップの仕方自体は、一応は、各メーカーで推奨のやり方というものがあります。。, 基本を学ぶことは大事ですが、最終的にはご自分で「おいしいコーヒーがいれられた!」と思う抽出方法なら、, コーヒー豆自体の品質が最も重要な要素 となるので、コーヒー初心者の方は、あまり難しく考えずに、, まずは、デザインやお値段を見た上で、自分の気になるメーカーのものを試してみると良いのではないでしょうか?, プラスチック製でしたら、そんなに高価なものでもなく、数百円で購入できるので、ぜひお試しください。, その時には、1~2人用とか、2~4人用など、大きさもありますので、ご自分の使い勝手のよいものをお選びくださいね♪, コーヒーサーバーとは、ドリッパーから落ちてくるコーヒーの液体を受ける器具のことです。, といっても、ドリップしてから1度冷めてしまったコーヒーを電子レンジであたためなおすのはおすすめできません。, 初心者の方には、メモリの付いていないサーバーより、メモリのついているサーバー をおすすめします。, メモリがついていなくて、抽出した量がわからず、毎回、できあがりの量が違ってしまえば、, 味が安定してでにくい原因となるので、ぜひ メモリのついてるもの をお使いください。, という方は、ハリオでスケール(V60ドリップスケール)も出てますので、よろしければどうぞ。, コーヒーでペーパーといえば、ペーパードリップをする時に使用する紙でできたフィルターのことです。, と思われるかもしれませんが、実際に使用するペーパーによって、コーヒーの風味に多少の差はでます。, とはいえ、ぺーパーを選ぶ時にはまず、使用するドリッパーのサイズ・形状にあうペーパーを選んでください。, と、思われる方も多いと思いますが、昔と違って現在の漂白は、ほとんどが酸素漂白というもので漂白しているらしく、, ただのお湯にペーパーを浸したところ、漂白のペーパーに比べて、無漂白(みさらし)の方が、紙のにおいが残っていました。, とはいっても、コーヒーを抽出した時には、コーヒーの風味の方が強いので、そこまで紙のにおいは感じませんでした。, 結論としては、漂白でも無漂白でも、皆様の良いと思われるものをご使用になればいいのではないでしょうか。, コーヒーでポットといえば、コーヒーを入れるときに使うコーヒードリップ専用のポットのことです。, アラジンポットや、銅製のポットなど、いろいろなメーカーの様々な形状のポットを試しましたが、私が基本、すすめするのは、, カリタの0.7L細口ポットも、使いやすいんですが、もしお値段的にもう少し高くても大丈夫でしたら、, おいしい珈琲をいれるためには、ぜひご自分の使いやすいポットを入手されることを、おすすめします。, 6.コーヒーポットは、注ぎ口が細口で湯が注ぎやすく、重さなども考え、ご自分の持ちやすいものを使う。, 今回は、お家でおいしいコーヒーをいれるための器具、ということで、おいしさを求めるために、機能を重視しつつ、家庭でも使いやすいということを前提に、私が個人的におすすめする器具をご紹介させて頂きました。, おしゃれ感を、ということでしたら、TORCHのPitchii(ピッチー)や、キントーのSLOW COFFEE STYLEのコーヒージャグ、ケメックス(CHEMEX)など色ありますね。, また今回は、おいしい珈琲 ということを前提に、いろいろなお話をさせて頂きましたが、おいしいという基準も、人によってさまざま。感じ方も様々です。, なので、最終的には、人がどんなことを言っていようと、ご自分でおいしい!と思えるのコーヒーをいれられるのが一番だと思います。, 今回のブログが、みなさん自身が、おいしい!と思えるコーヒーに出会うことができるための、1つのご参考になれば幸いです♪. これが抽出された液体の方へ落ちてしまうと、雑味の強い味になってしまうのだとか。, 川口先生:「どうでしょうね……。でも、コーヒーは確かに日々の生活を豊かにしてくれますし、ゆっくりとコーヒーを淹れるようになることで、自然と余裕のある大人になれるかもしれません」, やはり、やみくもに淹れたコーヒーと、コツを踏まえたプロの技とは大きな差があるようです。, UCCコーヒーアカデミーでは、コーヒーの基礎知識から淹れ方・楽しみ方まで体系的に段階を追って学ぶことができます。 じつはプロ の技より ... ドリッパーの次はコーヒーポット。ケトルから直にコーヒーを注いだりしていませんか。 コーヒー専用のポットを使うと、断然ドリップしやすいです。味も劇的に変わりますよ。 カリタ ステンレス製細口ポット. ORIGAMIがつくるプロダクトは、バリスタが願う最高の一杯を支える、良質の道具でありたいと考えています。高い機能性と使いやすさを、コーヒーを愛するすべての人に。, ORIGAMIのカップは、ラテアートの表現を支えるために内側を湾曲させ対流構造を生み出しました。, ORIGAMIのドリッパーは、豆の味を最大限に引き出すために空気が通る縦溝が彫られました。, ORIGAMIのカップとドリッパーには、より美しいラテアート、より美味しい一杯を目指して様々な工夫が施されています。バリスタの声に応えた高い機能性をご紹介いたします。, コーヒーの魅力を引き出す高い機能性と、どんな空間にもマッチする11色のバリエーションを取り揃えました。きっと、あなたのお店にピッタリのひと組が見つかるはずです。, ORIGAMIはグループ企業である光洋陶器と強い連携をとることで製販一体を実現。小ロットの注文やカスタムオーダーなど、お客さまからの様々な要望に柔軟に対応できます。. Copyrights © Café des Art Pico All rights reserved. 「クレバーコーヒードリッパーを一度使い始めたらもう手放せない。」 そういった賛辞の言葉をよく聞くことがある。「コーヒーのプロ」から「コーヒー初心者」まで全世界で多くの人達に愛用されているクレバーコーヒードリッパー。 そこにはどんな理由があるのだろうか? 美味しいコーヒーを淹れるため、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。, まずは器具を湯煎(ゆせん)し、温めます。何回かお湯を回し入れ、十分に温まったら中のお湯を捨てましょう。, コーヒーフィルターの接着部分を、“互い違い”になるように折り、ドリッパーにセットします。, 計量器の上に器具を置き、中細挽きにしたコーヒーの粉を12g、入れます。入れた後は平らになるように、やさしくならしましょう。, 初めにコーヒーに少量のお湯を注ぎ、粉全体に均一にお湯を含ませましょう。 20秒ほどそのままにして蒸らし、コーヒーの中のガスを取り除きます。, コーヒーは淹れ方だけでなく、豆の挽き方も重要なポイント。 UCCコーヒーアカデミーのベーシックコースを修了し、現在、プロフェッショナルコースを受講中の5名の方々です。 Copyright © 2017 K-ai Co.,Ltd. 「豆が一緒なら、負けないでしょ? 今日で、コーヒーをバッチリ淹れられるイケてるメンズを目指します!」, IT企業の営業マン。コーヒーはコンビニのコーヒーを飲むくらいで、ほとんど家で淹れたことがないド素人。よく、しゃべる。, 川口先生が講師を務める、UCCコーヒーアカデミーの詳細はこちらから! UCCコーヒーアカデミーの詳細はこちら, コーヒーは、ただ飲むだけ。淹れることに関しては全くのド素人であるムラノと、UCCコーヒーアカデミーの講師である川口先生が同時にコーヒーを淹れ、どちらがおいしいコーヒーの条件を満たしているかを競います。, 「12gの豆を使い、1杯分・140ccのコーヒーをハンドドリップで淹れる」というお題に、同じ器具を使って勝負をすること。 おうちでおいしいコーヒーをいれるのに必要な器具、 2番目に選んで頂きたいのは、 コーヒードリッパー. コーヒードリッパー だからです。 写真:kono式の陶器のコーヒードリッパー.

追って連絡 いつまで, アマゾンプライム エヴァンゲリオン アニメ, Explorer 意味, エヴァンゲリオンQ ひどい, 中世ヨーロッパ 歯を売る, サムライ翔 眼鏡市場, 鬼 滅 カフェ東京, ルパンの娘 橋本, クヌギ 英語, 悪寒 熱はない, メゾン ド ポリス4, エヴァンゲリオン 映画 フル, 丁寧に 作る 英語, メリル ストリープ スピーチ, ツイッター 通知 来ない Android, 感心 類義語 敬服, Pine 意味, 松田詩野 事務所, Acorn 発音, どんぐりレシピ あつもり, プーさん 声優 日本, 仮面ライダーゼロツー 変身, 中目黒アトラスタワー 間取り, ギターフィードバック プラグイン, マダオ 本人, 戦略自衛隊 なぜ, ルパンの娘 再放送 北海道, Twitter フォロー 通知させない, 安田章大 サングラス ブランド, ツイッター 現在この電話番号では登録できません, 結城凱 かっこいい, 鈴村健一 社長, 知る 類語, 我妻善逸 誕生日, 中村さんちの自宅から 料理, なつぞら あらすじ, 栗花落カナヲ かわいい,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

テスト