ヤコブ 聖書

伝統的には新約聖書文書『ヤコブの手紙』の筆者とされる。これは今日の(自由主義 プロテスタントの)近代聖書学の立場からは否定され、保守的プロテスタント、カトリック教会、正教会ではいまも肯定される。 62年に処刑され、殉教した。 ヤコブは無事に叔父のラバンと出会います。そして、自分はラバンの親戚(ラバンの甥)であることやカナンでの出来事などをすると、喜んで受け入れてもらえました。, Jacob's First Sight of Rachel/ラケルとの出会いHamilton William/Bartolozzi Francesco, ラバンのもとで、ヤコブは、懸命に働きます。1ヶ月ほど過ぎたある日のこと、ラバンはヤコブに言います。「いくら甥だからって、ただで働くことはない。給料はどのくらいほしいかね。」 するとヤコブは「もしラケルを妻にいただけるなら、7年間ただで働きます。」, ※婚資…花婿または花婿の親族が、花嫁の親族に対して贈る財産のこと。古代オリエント社会における、嫁とりのための労働は、嫁に対する代償であり、今で言う「婚資」と呼ばれる贈与行為に相当します。, ラバンと掛け合うヤコブ/Charles FosterIllustrators of the 1897 Bible Pictures, そして、7年の歳月が経ち、婚礼が行われます。そして、最初の夜、ラバンに連れられてきた妻をヤコブは喜んで迎えます。しかし、夜が開けそめる頃、ヤコブは大変なことに気が付きます。ヤコブのかたわらにいるのはラケルではなく、姉のレアだったのです。, ヤコブはラバンに言います。「なぜ、私を騙したのですか。私が7年も働いたのは、ラケルのためではありませんか。」, ラバンは、答えます。「この地方では、姉よりも先に妹が嫁ぐようなことはしない。ラケルと結婚したいなら、とにかく一週間の婚礼をすませなさい。そうすれば、妹の方もお前に嫁がせよう。ただし、あと7年間働いてくれ。」ヤコブは渋々承知します。, その後、ヤコブは正式にラケルを妻として迎えることができました。しかし、厄介な問題が起きました。レアは次々と子どもを生みましたが、ラケルは、さっぱり子宝に恵まれないのです。, ラケルは悩んだ末、女奴隷のビルハをヤコブの側妻として、子ども生ませました。ビルハが生んだ子どもは2人。レアも4人子どもを生むと、その後は子どもが生まれなくなったので、同じように女奴隷のジルパをヤコブの側妻として、代わりに子どもを生ませました。ジルパは2人の子どもを生みます。, しかし、その後、またレアが子どもを3人生みます。結局、合計11人。10人の男の子と1人の女の子が生まれました。そして、最後には、ついにラケルにも男の子が2人生まれ、13人の子どもを持つ大家族となりました。, ※後に、ヤコブは神の祝福を受けイスラエルと改名。ヤコブの息子たちが、イスラエル12部族の祖となります。そして、神がアブラハム、イサク、ヤコブに約束したとおり、子孫は海辺の砂の数のように、あるいは、星の数のように増えます。, 〔参考・引用〕日本聖書教会「旧約聖書(新共同訳/口語訳)」/新日本聖書刊行会「新改訳聖書第三版」/WIKIMEDIA COMMONS. その後エサウと和やかな再会を果たしたヤコブは、カナンに向かいました。 聖書ガイドmook リアル聖書入門 第二部 48-49頁より. ヤコブ(羅: Jacob / ヘブライ語: יעקב[1](ヤアコーブ)/アラビア語: يعقوب[2](ヤアクーブ))は、旧約聖書の創世記に登場するヘブライ人の族長。別名をイスラエル[3]といい、イスラエルの民すなわちユダヤ人はみなヤコブの子孫を称する。, ヤコブは双子の兄エサウを出し抜いて長子の祝福を得たため、兄から命を狙われることになって逃亡する。逃亡の途上、天国に上る階段の夢[4](ヤコブの梯子)を見て、自分の子孫が偉大な民族になるという神の約束を受ける。ハランにすむ伯父ラバンのもとに身を寄せ、やがて財産を築いて独立する。, 兄エサウとの和解を志し、会いに行く途中、ヤボク川の渡し(後に彼がペヌエルと名付けた場所)で神と格闘し、勝利したことから神の勝者を意味する「イスラエル」(「イシャラー(勝つ者)」「エル(神)」の複合名詞)の名を与えられる[5]。これが後のイスラエルの国名の由来となった。, レア、ラケル、ビルハ、ジルパという4人の妻との間に娘と12人の息子をもうけた。その息子たちがイスラエル十二部族の祖となったとされている。晩年、寵愛した息子のヨセフが行方不明になって悲嘆にくれるが、数奇な人生を送ってエジプトでファラオの宰相となっていたヨセフとの再会を遂げ、やがて一族をあげてエジプトに移住した。エジプトで生涯を終えたヤコブは遺言によって故郷カナン地方のマクペラの畑の洞穴に葬られた。, 彼らがイスラエル12部族の祖となったといわれるが、話は少し複雑である。まず、レビ族は祭司の家系であって継承する土地を持たないので12部族には入らない。またヨセフ族はなく、ヨセフの息子エフライムとマナセを祖とするエフライム族、マナセ族が加わることで十二部族となっている。このうちユダ族とベニヤミン族、レビ族以外の10部族は北イスラエル王国滅亡後に歴史から姿を消し、「イスラエルの失われた10支族」(イスラエルの失われた10部族)と呼ばれることになる。即ち、この意味ではユダヤ人とはイスラエルの子孫すべて(イスラエル民族)を指すのではなく、厳密にはユダ族・ベニヤミン族の2支族にレビ族を加えた人らを指す。尤も、現在はイスラエル民族全般と改宗ユダヤ教徒もユダヤ人に含む概念が一般に浸透している。, イスラム教の聖典『クルアーン』(コーラン)では、ヤコブすなわちヤアクーブは過去の預言者のひとりとして登場する。, しかしクルアーンにおいてヤアクーブは、彼自身を主人公とする物語ではなく、息子のユースフ(聖書のヨセフ)に関連する物語の中で言及される。クルアーンではユースフの物語は第12章「ユースフ」で一章を用いて詳しく述べられており、ヨセフが兄たちによって捨てられ悲嘆に暮れるという物語は共通している。ヤアクーブは愛息を失った悲しみのあまり盲目となったが、神(アッラーフ)の与えた運命を耐え抜いて神への信頼を守った。のち、エジプトに渡って立身したユースフと再会し、預言者であるユースフのもたらした神の奇蹟により視力を取り戻す。, ヤアクーブの名はムスリム(イスラム教徒)に好まれる男性名のひとつである。ヤアクーブの名をもつ代表的な人物は曖昧さ回避ヤアクーブを参照。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヤコブ_(旧約聖書)&oldid=73139515. それは 旧約聖書 創世記 25章26節には、ヤアコブ「יעקב」(イスラエル)が、 双子 の兄・ エサウ のかかと(アケブ「עקב」)をつかんだまま生まれ、後に兄を出し抜いて長子の祝福を得たことに由来すると説明されている。 ヤアコブはヘブライ語で「かかとをつかむ者=人を出し抜く者」を意味するとされる。それは旧約聖書創世記25章26節には、ヤアコブ「יעקב」(イスラエル)が、双子の兄・エサウのかかと(アケブ「עקב」)をつかんだまま生まれ、後に兄を出し抜いて長子の祝福を得たことに由来すると説明されている。, ギリシャ語では Ιάκωβος, Iakôbos(古典:ヤコーボス/現代:ヤコヴォス)、ラテン語ではJacobus(ヤコブス)、日本語ではヤコブと表記するのが慣例である。ラテン語形Jacobusは音韻変化を経てJacomus(ヤコムス)に変化した。英語では Jacob(ジェイコブ)、 James(ジェームズ)、アイルランド語では Séamus, Seamus(シェイマス)、フランス語では Jacques(ジャック)または James(ジャーム)または Jacob(ジャコブ)(注:フランス語では、Jacquesが新約のヤコブで、Jacobが旧約のヤコブを指す)、ドイツ語では Jakob(ヤーコプ)、アラビア語・ペルシア語ではYa'qūb(ヤアクーブ)、トルコ語でYakup(ヤークプ)、イタリア語では Giacomo(ジャコモ)または Jacopo(ヤコポ)、スペイン語では Jaime(ハイメ)または異形 Diego (ディエゴ)、Jacobo(ハコボ)、ポルトガル語では Jaime (ジャイム)、スラヴ語ではIakov, Yakov(ヤーコフ)、Jakub, Jakup(ヤクプ)など、ゲエズ語ではyāʿiqōb(ヤコブ)、アムハラ語ではyā'iqōb(ヤコブ)などによりいずれも男子の名としてよく見られる。, ヤコブの息子たち12人がイスラエル十二部族の祖となったことから、イスラエル民族のことを「ヤコブの家」と表すこともある。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヤコブ&oldid=75125345. ヤコブの手紙の瞑想 ここで掲載するヤコブの手紙の瞑想は、2017.11.16より「木曜聖書突っ込み聖研」のテキストとして用います。1996.10.20~12.8(全七回)の礼拝において語られた説教をもとに改訂したも … ヤコブからイスラエル12部族が生まれた!? さて、このお話だけ見るとヤコブは兄から祝福を奪い取ったズルい奴というイメージしか残らないかもしれません。 しかし、実はヤコブは聖書の歴史上外すことのできない超重要人物なんです。 ヤコブは無事にハランに到着。叔父のラバンたちに歓迎されます。次女ラケルとの結婚の約束を条件に7年間懸命に働きます。しかし、狡猾なラバンに騙され、姉のレアと結婚させられます。もう7年間働くという条件でラケルと結婚することができました。 〒073-0175 北海道砂川市空知太西5条7丁目1-24,TEL(教会) 0125-53-3150 / (自宅) 0125-53-2089, powered by Quick Homepage Maker 5.2 based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. ヤコブの手紙の瞑想 ここで掲載するヤコブの手紙の瞑想は、2017.11.16より「木曜聖書突っ込み聖研」のテキストとして用います。1996.10.20~12.8(全七回)の礼拝において語られた説教をもとに改訂したも … 1:1神と主 ... 2:8しかし、もしあなたがたが、「自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ」という聖書の言葉に従って、このきわめて尊い律法を守るならば、それは良いことであ … ヤコブ:神の人と格闘 神の祝福を追い求めた男 というのも、ヤコブは 旧約聖書 に登場するアブラハムの孫で、のちに「イスラエル」と改名し、イスラエル民族の祖先となった人に由来する名前だからである。 QHM, “New Testament Greek to Hebrew Dictionaryー500 most frequent Greek words and names translated back into Hebrew for English readers―by Jeff A. Benner”. このページでは聖書の本文を検索することができます。 検索方法 章・節対照表 凡例 聖書本文データ最終更新 2019年12月 キーワードから探す ヤコブは、天使と格闘し、勝利します。そして、ヤコブという「かかと」とか「押しのける」という意味をもつ名前ではなく「神が守る人/神が支配する人」という意味のイスラエルという立派な名前に改名され、祝福されました。 ヤコブ 天使と格闘. ゼベダイの子のヤコブは新約聖書に登場するイエスの使徒の一人で、使徒ヨハネの兄弟である。アルファイの子ヤコブと区別して「大ヤコブ」とも言われる。聖人の概念を持つ全ての教派で、聖人として崇敬されている。正教会では聖福音者イオアンの兄聖使徒イアコフと呼ばれる[1]。, 『マルコによる福音書』1:19-20によるとヤコブは父ゼベダイ、兄弟ヨハネと共にガリラヤ湖畔の漁船の中で網の手入れをしていたところをイエスに呼ばれ、そのまま父と雇い人を残してヨハネと共に弟子になった。彼ら二人は「ボアネルゲス」(雷の子ら)とよばれていたようである(→ゼベダイの子)。ヤコブはエルサレム教会においても一貫して中心的な立場を占めていたが、『使徒行伝』12:2によるとユダヤ人の歓心を買おうとしたヘロデ・アグリッパ1世によって捕らえられ、殉教したという。44年頃のことと推定される。, 9世紀、ヤコブの遺体とされるものが、遥か遠くスペインの、現在のサンティアゴ・デ・コンポステーラの地で”奇跡的に発見された”とされる。その頃のスペイン地域は、イベリア半島においてのレコンキスタの最中であり、イスラム勢力と闘っていたキリスト教勢力を守護する、またはキリスト教徒勢力がイベリア半島を制圧する行動のシンボルとして熱狂的に崇められた。このためスペインの守護聖人とされる(聖ヤコブはスペイン語で「サンティアゴ(Santiago)」となる)。, このためサンティアゴ・デ・コンポステーラは、イベリア半島のみならず、西方カトリック世界における代表的な巡礼地となり、三大巡礼地のひとつに数えられるに至った。巡礼路は整備され、巡礼を世話することを目的とする修道院が配置されるに至った。いまも同地は巡礼の聖地として信仰を集めている。巡礼路の中核をなすものは、隣国フランスに発し、ピレネー山脈を越える巡礼路である。詳細はサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を参照。, ホタテ貝はヤコブのシンボルで、フランス語ではホタテ貝を「聖ヤコブの貝」(coquille Saint-Jacques、コキーユ・サンジャック)と呼ぶ。, 英語圏で多いジャック(Jack)の名は、彼の名(ジェイコブ)か、あるいは旧約聖書に登場するユダヤ人の祖ヤコブに因むJamesまたはJacobの愛称である。ただし、ヨハネを表すJohnの愛称である場合の方が多い。なお、フランス語のジャック(Jacques)はヤコブに相当する名前である。, カトリック教会における記念日は7月25日。正教会での記憶日は4月30日(ユリウス暦を使用する正教会では5月13日に相当)。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヤコブ_(ゼベダイの子)&oldid=65986016. クルアーンにおけるヤコブ. 第1章. ゼベダイの子のヤコブは新約聖書に登場するイエスの使徒の一人で、使徒ヨハネの兄弟である。アルファイの子ヤコブと区別して「大ヤコブ」とも言われる。聖人の概念を持つ全ての教派で、聖人として崇敬されている。正教会では聖福音者イオアンの兄聖使徒イアコフと呼ばれる 。 著者は冒頭部分で、自らを「主イエス・キリストのしもべであるヤコブ」と名乗る[1]。新約聖書にはヤコブなる人物が複数現れるが、その中でこの手紙を書いたと考えられるのは以下の三名である。, 現代の研究者たちの多くは、「ヤコブ」というのは文書に権威を持たせるためのものであり、三人のヤコブの誰かが著者だとは考えていない。すなわち、本書は偽名文書であり、実際の著者は不明である。しかしその内容から、ここで著者とされた「ヤコブ」はエルサレム教会において、リーダー格だった「主の兄弟」である義人ヤコブであるとするのが批判的聖書学者のほぼ共通認識である(むろんこの考え方に対しての異論もある)。, もし著者が義人ヤコブなら、書簡がかかれた場所はヤコブが62年の殉教まで暮らしていたエルサレムであろう。本書が「ヤコブ」の名による著者不明のものとすれば、成立時期の可能性としては50年代から2世紀はじめまで広く考えることができる。初めて『ヤコブ書』を引用したのはオリゲネスである。それをわずかにさかのぼる時期では、エウセビオスの孫引きによれば、アレクサンドリアのクレメンスがその失われた著作のなかで短く引用している。, 初代教会の時代、『ヤコブ書』の正統性に疑義を持つものが(キリキアの司教テオドロスなど)少なからずおり、準正典的な位置づけがされていた。ムラトリ断片の正典表には『ヤコブ書』は出ておらず、エウセビオスも『教会史』の中で「論争中の書」という位置づけにしている。ヒエロニムスは同じような位置づけを与えながらも、実質的には広く受け入れられていると書き加えている。, 『ヤコブ書』は教会の中で正典として受け入れられるまでに非常に長くかかっている。その理由として考えられるのは、内容が主にユダヤ人キリスト教徒に向けられたものだったということにあると考えられる。そのため非ユダヤ人の間ではなかなか読まれるようにならなかった。それでもアレクサンドリアのアタナシオスがまとめた27の正典の中には加えられており、4世紀のいくつかの公会議を経て正式に正典と認められるようになった。, 宗教改革の時代、一部の神学者によって再び『ヤコブ書』が槍玉に挙げられるようになった。特にマルティン・ルターは『ヤコブ書』をあまり価値のないものと考え、『藁の書』と呼んで何度も正典から外そうとした。その理由はルターが唱えた「信仰のみ」という考え方の中心をなすパウロの思想を批判するだけの文書と考えたためであったと思われる[2]。結局ルターの弟子たちがルターが正典から除外しようとした『ヨハネの黙示録』と共に新約聖書については伝統的な27書とすることで問題は決着した。, 現代では、本書が批判しているのはパウロの思想そのものではなく、それを曲解した者たちであるとの理解から、ほとんどのキリスト教徒たちが『ヤコブ書』を正典にふさわしいものとみなしている。, 著者が筆をとったのは、キリスト者の生活における行いの重要性について再確認してもらうためであった。著者は次のようなものを危険視している。, 「行いによって義とされること」、このヤコブの主張は一見するとパウロが書簡の中で述べる「信仰によって義とされること」の反対の立場のように見える。この問題を解決するひとつの考え方はヤコブは「他者の前で義とされること」について語っており、パウロは「神の前で義とされること」について語っているというものである。, また、ヤコブは「行い=隣人愛」、パウロは「行い=古い律法」について語っている、というものである。, 教父たちのあるものは、この問題を解決するために次のような考えを示した。それは人間に救いをもたらす信仰は愛によっていきいきとしたものとされるものであり、その愛ゆえに必ずよい行いを伴うということである。だから「信仰だけ」というのは単に頭で理解した言葉に過ぎないという見方ができる。その意味で興味深いのは使徒言行録26:20である。そこでパウロは「悔い改めて神に立ち返り、悔い改めにふさわしい行いをするよう」呼びかけたという。ある人はこれこそパウロがヤコブのいうすべての生きた信仰が行いを伴うという考え方に賛同を示したものだとみている。, このように見てみると、ヤコブは福音を伝えているというより、道徳を教えているというのが適切であろう。 ヤコブの手紙 . 聖書と歴史の学習館 サイト内検索. イスラム教の聖典『クルアーン』(コーラン)では、ヤコブすなわちヤアクーブは過去の預言者のひとりとして登場する。. ユダヤ教 の「正典」(キリスト教徒における 旧約聖書 )は、 エルサレム 陥落後の1世紀末に行われた イスラエル 南西部のヤブネ(ヤムニア)において開かれた ヤムニア会議 において確認された。 ●ここで掲載するヤコブの手紙の瞑想は、2017.11.16より「木曜聖書突っ込み聖研」のテキストとして用います。1996.10.20~12.8(全七回)の礼拝において語られた説教をもとに改訂したものです。, ●2011年、“New Testament Greek to Hebrew Dictionaryー500 most frequent Greek words and names translated back into Hebrew for English readers―by Jeff A. Benner”という本が出版されました。新約聖書をへブル的視点から理解するための最初のステップとして、新約聖書のギリシア語の中から頻度数の高い500語を選び出して、それをヘブル語に翻訳し、かつへブル的定義を記したものです。「ギリシア語のへブル語対訳」としても重宝な本です。, ●この本の特徴は、新約聖書の「ヤコブの手紙」にある語彙について、英語からギリシア語、そしてヘブル語を併記し、その語彙の説明をしています。, トップ|空知太栄光キリスト教会| 詩篇の世界 | 霊性の回復セミナー| ヘブル語コラム |ヘブル語のキーワード|ヘブル語デイリー・ブレッド|ヘブル・ミドゥラーシュ例会|ヨハネの黙示録を味わう | 再臨と終末預言 |主の例祭における預言的意味 |キリストの花嫁 |「光」についての神学的瞑想| 神の住まい(幕屋)|マタイの福音書1|マタイの福音書2|創世記1~3章の原語に基づく瞑想|主の受難24(改定)|The Hebrew Bible|A Hebrew-English Bible|The Greek Bible |Living Bible | Hebrew New Testament|Bible Hub|eBible Japan|原語で聖書検索|, Copyright © 2020 Hidenori Meigata All Rights Reserved. ヤコブは福音の核心を提示するよりもよいものと悪いものを並べることで倫理全体のありかたを示している。このような反対のものを同時に示す書き方(光と影、正と偽など)はイエスの教えや、クムラン文書、『十二使徒の教え』などにも見られる。, また『ヤコブの手紙』は(かつて臨終の秘蹟といわれたこともある)病者の塗油の聖書における根拠を含んでいるとみなされてきた。5:14~15でヤコブは共同体の中で病人が現れた場合の対処を示しており、これが後にカトリック教会の病者の塗油の形式になった。, そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。議論は, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヤコブの手紙&oldid=77842332, 本書簡の著者をこの「大ヤコブ」であるとする見方はまれである。彼は使徒ヨハネの兄弟でゼベダイの子であったとされる。しかし、彼は早くに殉教していることから、この書簡を彼が書いたとは考えにくい。なぜなら、ヤコブの殉教は紀元, 主の再臨が近づき、その日になればすべての不義が正されるため、その日まで忍耐することが求められている。(5:8). しかしその内容から、ここで著者とされた「ヤコブ」はエルサレム教会において、リーダー格だった「主の兄弟」である義人ヤコブであるとするのが批判的聖書学者のほぼ共通認識である(むろんこの考え方に対しての異論もある)。 こちらの記事もおすすめ.

錦戸亮 関 ジャニ 愛, 錦戸亮 結婚, Evangelion Finally ムビチケカード付き数量限定 期間限定盤, ケロリン 関東版 関西版, 中村倫也 ストレス, 家 類語, 最後のシ者 信頼度, 半分青い 最終回 動画, 豪快 対義語, 微熱が続く だるい 女性, 宇多田ヒカル Final Distance ドラマ, 鬼 滅 の刃 アニメ 動画 ブログ 22話, 鬼滅の刃 Bs, エヴァンゲリオン 新生モード 曲, 桜田通 バンド, 秋鳥 漢字, 侮辱 類義語, 鬼滅の刃 全巻, 楽天ポイントカード アプリ, 使徒を食ってる 台詞, Vlookup 文字列, 美人が婚活してみたら 最新話, 受理 反対語,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

テスト