ヨーロッパ 日本文化 人気

国によって、文化や習慣は違う。それは当たり前の事ですが、実際に目の前で起こるカルチャーショックは大きいですよね!本やテレビなどで海外との違いは知っているけど、日本の文化や習慣に対する海外のリアルな反応って気になりませんか? 紅葉を楽しむ文化は古くから日本に存在しますが、外国人受けはどのようなものなのか、イメージしにくいところがあります。, そこで、この記事ではヨーロッパの人から、日本の紅葉についての口コミを実際に集めてきました。, そこには、「ヨーロッパでも有名」「日本の紅葉はすごくきれい」といったものがあり、紅葉シーズンに訪日観光客を見込めることがうかがえます。, ドイツのロマンチック街道など、ヨーロッパにも紅葉がみられるところはありますが、日本の紅葉に訪日観光客がどのような付加価値を見出いしているのか、解説します。, 関連記事渋谷ハロウィンの海外からの評判は?天皇即位で「日本怖い」中国人の心BBCも絶賛する日本のある習慣とは, 日本の紅葉はヨーロッパでも有名です。また、男女関係なく幅広い世代が興味を持っているようです。, 「日本の紅葉にどういうイメージを持っているか」についてヨーロッパ人にアンケートを取ったところ、京都の寺や神社、日本の自然のなかの紅葉を思い浮かべていたり、「ロマンチック、時が経つのを忘れる」など幻想的で美しいイメージを感じさせる意見がありました。, 「一度みてみたい」と話す人もいることから、ヨーロッパにはあまりない、異国情緒が感じられる風景としてとらえられているのかもしれません。, 一方で、実際に日本に留学した人などからは、「誇張や宣伝をしすぎだが、それでもきれいだ」という意見もありました。, 広告の写真加工やCGをやりすぎと感じる人もいるようですが、日本で実際に紅葉した景色を目の前にすることでしか得られない良さは、認識されていると言えます。, 理由は2つあります。1つは、紅葉の色の種類が多いことです。2つ目は日本の紅葉の名所と言われる場所は紅葉そのものだけでなく、周囲の景色とのマッチングも含めた総合的な美しさでもって評価されていることです。, 1つ目の色の種類が多いというのは、日本にたくさんの種類の落葉広葉樹があるということです。, 樹木は大きく分けて常緑樹と落葉樹に分けられますが、常緑樹はマツやクスノキなどの四季を通じて緑の葉をつけている樹木を指します。一方、落葉樹は秋ごろに葉を落とし、翌春ごろにわかばを出す樹木を指し、紅葉の美しいものがあります。そして、落葉樹の大部分は広葉樹で温帯に多く見られます。, 紅葉がみられる落葉樹は日本の他にも東アジアの沿岸部やヨーロッパの一部、北アメリカの東部に存在します。しかし、温帯に属する日本の落葉広葉樹の種類は26種で、ヨーロッパの13種、カナダの13種と比べてもダントツで多く、他の地域に比べても日本の紅葉は色彩が豊かであることがわかります。, 2つ目の理由は、日本の紅葉の名所は周囲の景色込みでの名所となっている点にあります。, 永観堂禅林寺や東福寺など、有名な紅葉スポットには神社仏閣や庭園である場合が少なくありません。登山道のわきに見られるモミジやつつじの素朴な紅葉も美しくはありますが、やはり設計された景勝地にはそこだけの良さが最大限に表現されています。, 京都の天龍寺の庭園は嵐山や亀山を借景としており、ところどころ赤や黄色に染まる山を遠景にして、庭園内の紅葉が池の周囲に繊細に配されている立体的な紅葉を楽しめます。, このように、世界で一番美しい、と言われることも日本の紅葉の特色は、たくさんの色彩が一つの景色で同時に見られることと、紅葉の名所そのものが紅葉をメインとした景勝地であることにあると言えるでしょう。特に、庭造りの文化があるヨーロッパの人にはこうした点が評価されているようです。, 訪日需要は主に、4月の桜、7月8月の夏休み・バカンス、10月の紅葉需要、12月の雪需要の時期に増える傾向があります。, 中国を中心とした東アジア観光客による買い物消費による恩恵は大きいですが、2018年の観光庁による訪日外国人消費動向調査では、徐々に「もの消費」から「こと消費」へ移行しつつある兆しがみられ、紅葉を見るという体験は日本への旅行の動機に十分なりうるものです。, また、2018年京都市の観光総合調査では、紅葉がみられる11月の外国人宿泊客数は4月に次いで多く、バカンスの7月8月の時期よりも多くなっています。, 上記で述べた京都の外国人宿泊客数の6割ほどはアジアからです。特に中国・韓国からの観光客は日本に近いこともあって、気候が涼しく過ごしやすい秋に訪れることも多いようです。, 一方ヨーロッパの割合は2016年は17.1%、2017年は17.8%、2018年は18.7%と徐々に増えている状態にあります。, ヨーロッパの各国中でも訪日が多い時期にはばらつきがあります。まず、フランスは春が一番多く、2番目が秋ですが、ヨーロッパ全体としてまんべんなく訪日しているという特徴があります。また。スペインとイタリアは夏がダントツで多く、スペインは旅行支出が高い傾向にあります。, そしてリピーターが少ないイタリアに対し、過半数がリピーターであるのがドイツです。ビジネスによる訪日が多いですが、春と秋の訪日が中心でわずかに秋の方が多い傾向にあります。クリスマスは家族で過ごす習慣が多いドイツ人の12月の需要は低くなっています。, 他にも、ドイツだと20歳から49歳あたりの男性が多いなど、同じヨーロッパの中でも国によって時期や年齢性別など傾向が異なり、国ごとの対策で需要を伸ばしたいところです。, 「インスタ映え」が流行する今、SNSを目的とした旅行も決して珍しくないと考えられます。特に紅葉という視覚に訴える魅力を資源とする場合、写真や短い尺の動画がメインとなっているInstagramを利用したプロモーションに効果が期待できるでしょう。, 分かりやすい事例としては、京都市観光協会が開催した「秋の京都ジェニックキャンペーン」があります。, 「#kyotogenic」と投稿することで豪華賞品が当たるキャンペーンを開催した本キャンペーンでは、公式アカウントからの発信だけでなく、不特定多数のユーザーからの写真の投稿を促すことに成功しています。, 開設から1年2か月でフォロワー22万人を突破した日本政府観光局が運営する公式アカウント「@visitjapan」は外国人観光客から「いいね!」や「コメント」を多く獲得しているインバウンド向けの人気アカウントです。, このアカウントも、ハッシュタグからの流入を斡旋しており、「#visitjapan」というハッシュタグを主に活用しています。, また、ハッシュタグが付いた投稿の中から運営側が選別して公式アカウントで紹介するなどをしているようです。, 他にも、コンテンツの文章の部分をネイティブの人に担当してもらうことや、アカウントの安全性や公式性をアピールしたこともフォロワーが増えた要因と言えるようです。, 桜や紅葉など日本らしくて美しい投稿は外国人受けがよいと評判ですが、実際にアカウントを見たところ、お祭りの様子や食べ物なども投稿されています。このように、ユーザーが飽きさせないためにも多様な投稿に挑戦することもポイントであると言えます。, 日本は温帯に位置することからも、世界的に見ても紅葉の種類が多く、赤や黄色などの豊かな色彩の紅葉が楽しめる地域です。また、紅葉は寺や神社などの建造物や景観とセットで訪日外国人には魅力として映っています。, こういった理由からも、世界中にユーザーが拡大しているSNSを使って視覚に訴える写真や動画を発信することは、日本の紅葉の魅力をわかりやすく伝えるには効果的な方法です。, 国や地域の差を考えると、人数や消費額という面ではアジアからの影響が大きいことがわかります。しかし、ヨーロッパからの紅葉への興味が薄いわけではなく、ヨーロッパといえど、国や文化ごとの対応が必要です。, 国や地域によって日本に来る理由やどのような観光をするかなど、それぞれの傾向が確かに存在しています。日本の紅葉という観光資源を広く活用するには、まずはこうした国や地域ごとの特徴をおさえることが大切です。同時に、訪日外国人の需要にあった質の高いコンテンツを広く発信し認知を獲得するだけでなく、SNSを利用したユーザーの参加者意識を高めるような工夫が必要でしょう。.

みなさんは日本の文化が遠いヨーロッパの国でも愛されていると知ったら、どのように感じますか? おそらく 、日本人としての誇りを感じるはず! 筆者は、日本から8500キロも離れた距離にある国・ポーランドに住んでいます。 2015年から2017年の間、ヨーロッパから訪日した旅行者の国籍は、多い順にイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインでした。日本は人気の旅行先のイメージがありますが、実際は?各国の海外旅行先ランキングを、アジアに限定して見てみると、意外な事実が! ヨーロッパの主要国において日本食が一つのトレンドとなったのはそれほど新しいニュースでもないですが、ロンドンに10年以上住んでいる弊社社員の知人から「この2、3年で日本の抹茶カフェが人気を得ている」との話を聞き、実際に店舗を訪問してみました。 サッカー・バスケットボールと野球を比較するときに大きな違いとなるのが、プレイ時に利用する道具の数です。サポーターのような補助具、ゴールキーパーのような特殊ポジションの選手がつけるプロテクターを除くと、サッカー・バスケットボールはボール一つで済むのに対して、野球の場合、ボール複数個、バット、グローブ、ベース等、必要となる道具の数が多いことがわかります。 1. KOLとは、Key Opinion Leaderの略語で、中国においてSNSで影響力を持つ人物を指します。中国ではKOLを活用したプロモーションはすでにスタンダードな手法となっています。そのため中国市場への進出や訪日中国人... 新型コロナウイルスによる感染拡大がつづく中、世界三大スポーツイベントの一つ、ツール・ド・フランス(以下ツールと省略)が9月に開催されました。今年で107回目の開催となります。開催当初は3週間後のパリのゴールに到着するかと心... 10月9日、中国の大手IT企業であるアリババグループ(中国語:阿里巴巴集団)が運営するオンライン旅行サービスプラットフォーム「Fliggy(飛豬、以下フリギー)」は、西日本旅客鉄道株式会社(以下、JR西日本)と連携し、京都... 中国では、2020年10月1日から8日の間、国慶節から始まる大型連休を迎えていました。新型コロナウイルスの感染拡大により、中国の旅行産業は大きな打撃を受けましたが、8連休となった国慶節連休中は、多くの人が旅行に出かけました... 訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!, 訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを毎日配信!, いま、何をやるべき? どの国をターゲットにしたらいいの? 訪日ラボでPRしたい!などお気軽にご相談ください。, ローカルSEO対策、販売促進、集客事例やニュース、店舗の口コミデータをもとにした分析をわかりやすく紹介, 【海外の反応】ヨーロッパで「幻想的」と愛される日本の紅葉、理由は”26種類のカラフルさ”, 中国インフルエンサー「KOL」とは:基礎知識から現地のプロモーション事例までを紹介, 外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは, 訪日ラボ、中国旅行会社を直接つなぐ「オンライン商談会」10月19日〜23日開催決定!現地から期待の声も, 世界をつなぐ「オンライン商談会」レポート:「バーチャル店内紹介」に台湾の旅行会社様も興味津々(レインズインターナショナル様×大榮旅行社様), 世界から愛された「アキバフクロウ」存続の危機に支援者殺到、わずか1日で300万円集まったワケ, 安倍首相のインバウンドに関する対応まとめ | オリンピック・新型コロナウイルスの今までの流れを振り返り, 【レポート無料】コロナ禍で普及進む「オンライン商談」成功事例とデメリット/導入前に必ず考慮すべきポイントとは?, 仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】, 【独自調査】コロナ外出自粛 海外で消費増1位の日本製品は「ゲーム機」、減ったのは「外出着」「化粧品」:訪日経験者の消費行動変化を調査, オンライン商談会は低コスト×高効率!インバウンド市場に向けたセールスコールの場を提供【訪日ラボ】, コロナ「第2波」でも自粛すべきでない理由:一面的なデータ解釈の危険性・「正しく怖がる」意識を, 【独自調査】インバウンド回復は「2月」予想最多、もっとも誘致したいのは「台湾」:19日"観光解禁"うけ「新型コロナと緊急事態宣言解除」意識調査を実施, 【無料レポートプレゼント】140社以上!新型コロナへの企業対応 総まとめ:業種別・支援策も, 【航空×コロナ動向まとめ】需要回復に“4年“必要…「トラベルバブル」で復活なるか?各国の運休・減便・再開・破産の動きとは, 【独自調査】9割がインバウンド売上「大きく落ち込んだ」…客足戻り始めは前回調査より楽観傾向に:新型コロナ意識調査実施, 【26事例】コロナと闘うインバウンド事業の施策・対策を総まとめ:HIS「変なホテル」感染リスク軽減プラン提供開始 ほか, 【入国制限まとめ】10/16更新:全世界からの入国一部再開/日本・世界のコロナ対策渡航制限 最新情報が一目でわかる一覧表, コロナ後のインバウンド市場を独自調査で予測/事業の8割「すでに大きな影響」訪日客戻るのは「1年後」, 【最新版】新型コロナ助成金・融資まとめ:緊急事態宣言で発表の納税猶予解説/市町村単位の支援まで網羅, 【2020年3月ニュースまとめ】新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者・話題・重要ニュースを時系列で振り返り, 【世界マップまとめ】新型コロナウイルス感染感染者・死亡者・累積症例数など丸わかり6選, 【2020年2月ニュースまとめ】新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者・話題・重要ニュースを時系列で振り返り, 「インバウンド業界カオスマップ」2020年上半期最新版公開|東京オリンピックを迎えうつ、約1,400サービスを完全網羅, 中国人が日本よりタイを旅行先にする5つの理由:日本がタイに学ぶべき「わかりやすい安心感」と「文化体験」, https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/cmsfiles/contents/0000254/254268/30tyosa.pdf. !」と、何故かその事が非常にウケたんです。, どうやら、箸を使う(向こうでいうナイフやフォークを使っているようなもの)ということが、食べるときに使うはずのものが葬儀の場に持ちだされているのでとても奇妙に見えるんだそうです。「だから、二人で同じ食べ物を持つことはタブーとされているんだよ」と話すと非常に不思議がっており、文化が違うとこんなに捉え方が違うのかと私も驚きました。, 日本人は手を前に合わせて挨拶する、というのは有名なようで、よく手を前に合わせながら挨拶をしてくれる人がいました。しかし、肘が張っているので、正直「こんにちは」や「ありがとう」より「ナマステ」と言っているように見える彼らの挨拶。, たまに、「日本ではこんなに肘はらないんだよ」と動きを交えて伝えても、「ん?何が違うの?」とあまりよくわかってもらえませんでした。, しかし、何度かその会話のやり取りをする中で、彼らは「違いを知らない」のではなく、単純に「同じに見えている」ということに気づいたんです!見ているものは同じなのに、日本人にはわかるこの微妙な違いが、文化が違うと同じに見えるなんて面白いですね。, 日本といえば、桜。そして、お花見!花より団子だとしても、日本にとってお花見という文化はとても大事ですよね。私も桜が大好きで、旅先で「日本の旅行時期っていつがいい?」と聞かれると迷わず「春!桜が咲いている時期だから、とっても素敵だよ」と伝えていました。, しかし、日本の桜の魅力を伝えても「うん、まあ綺麗だよね。」というドライな反応を受けることもしばしば。, そもそも桜が春の風物詩でもなく、お花見という文化がない他の国では、当然の反応なのかもしれません。反対に、この反応が桜が自分たちにはどれだけ身近な存在なのかを実感するきっかけになりました。, それでも、次に海外に行くときは、飛行機15時間かけても見に行きたくなる桜の絶景の写真をiPhoneにしのばせていこうと思います!, ホームステイをする時などにはお土産を用意すると思うのですが、何がいいのか迷いますよね。せっかくなので日本らしいものを、と思って扇子や和風の小物などを持っていく人もいますが、何だかんだやっぱり向こうの人にとって馴染みのあるチョコレートが喜ばれました。, タイアップでの広告掲載のご相談、社員やライターの採用について、取材/出演依頼など、各種お問い合わせはこちらから。, ドイツ観光局×TABIPPO特別企画!「# 思い出のドイツ旅」でつぶやいて豪華景品をGETしよう!, 【WITH! パリ 、 ルーブル美術館 、 セーヌ河クルーズ 、 ベルサイユ宮殿 、 モンサンミッシェル 、 ニース 、 ロワール古城

影法師 歌詞, 表紙 英語, 給付金 2回目, 0706作戦 公式, エール 田ノ上五郎 実在, ツイッター 非公開 コメント, 真菰 花言葉, おおらか 英語, ブナ 見分け方, Describe About 間違い, Twitter For Web, 正確性に欠ける 英語, 師匠 英語 Mentor, 新垣結衣 ツイッター, 川津明日香 大学, Ocn 繋がらない Twitter, ツイッター 落ちてる 5ch, 丁寧な挨拶 英語 メール, いろんな色 英語, 中村 倫也 今日は何の日, 生理前 微熱 だるい, 紅葉する 英語, ツイートはありません 凍結, 木村一八 今, 第3の使徒 エントリープラグ, モンスト第5使徒 ミッション, Twitterトレンド表示 違う, Twitter 画像サイズ 変換, ジゼルブンチェン 夫, シト新生 保留, 吉田茂 国葬 費用, ルパンの娘 田中, 鬼滅の刃 漫画 最終巻 何巻, 翻訳サイト おすすめ 無料, 細目で見る 意味, インスタ 投稿 出来ない 2019, 東急ハンズ 池袋 カー用品, 新垣結衣 2020, 合致 例文, Twitter ブロック数 上限, Explain To 人 That, ラミエル ゼルエル, ルパンの娘 ドラマ 続編, 密集 対義語, 官房長官 記者会見 毎日, インフルエンザワクチン Kmb, エール 朝ドラ あらすじ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

テスト