仮面ライダーセイヴァー ゴールデンアームズ

貴様みたいなつまらない男が、神になどなれるものか……! ドライバーさえ製造されれば復活は可能であり、支配下にあった黒の菩提樹によって蘇った後にシュラにブラックバロン専用のバナナロックシードを渡していたのである。 !」 演:安藤穂乃果, シリーズ最終回に登場する敵アーマードライダーにして一応ラスボス(鎧武の最終回はエピローグであり、本筋上のラスボスはロード・バロンであると言った方が良い。他のシリーズで言えば仮面ライダーWのエナジー・ドーパントに近い立ち位置である)。, 「邪」がモチーフの仮面に、冠や斬月・真のものと同タイプのライドウェアを装着する和風のライダー。仮面の下は、鎧武・冠と同じ顔となっている。他のライダーと同じく、戦極ドライバー(それも認証機能付きの初期型)で変身する。, リンゴ弾(スカッシュ) !。2020年9月6日(日)放送スタート! ファンからは作中では誰かわかりづらいという話が出ることがある。これは、コウガネが劇場版のキャラであるから…ではなく、変身前後及び声の全てがマルスのときとは別でコウガネと本人が名乗らないとはっきりと正体が分からないという点だろう(マルス自体は、変身後のみであるが、オリキャスとして、テレビ本編第37話にゲスト出演的に出ている) 「冗談はよしてくれ。三流の分際で……」 始まりの女と同質の存在になっており、神出鬼没に現れたり、適応者は皆無に等しいが適応者をオーバーロードに変える機能を持つ『ザクロロックシード(この進化用の物はオリジナルのザクロロックシードと違ってナンバリング表示がない)』を無作為に複数の一般人の手元に出現させ、それを通じて自身の精神とシンクロさせる事で、自身の支配下に置く能力を使えるようになっている。 仮面ライダーセイヴァー・・・彼が変身するアーマードライダー。, Vシネマ『鎧武外伝 仮面ライダーデューク』及びノベライズ『小説 仮面ライダー鎧武』の登場人物。. 『二人で一人の探偵にして戦士』 自身の救済から全員が脱したという理解を超えた展開を受けて救済を諦め、黄金の果実としての力を解放した形態・ゴールデンアームズに『変神』して粛清しようとするも、連携に敗れ爆散する。 精神のみとなって迷い込んだ『武神の世界』で『蛇』を名乗る男に導かれ三千世界を巡り戦いの歴史を見続けたために、黄金の果実として完成し世界を救済するという野望に取りつかれ『黒の菩提樹』を結成。 リンゴ弾(オーレ) ここから『鎧武外伝 仮面ライダーナックル』、『小説 仮面ライダー鎧武』の物語に繋がっていくのだが、この後に死ぬ事になる凌馬は、供界の復活を予見しリンゴロックシードの研究ファイルにビデオレターを遺していた。勿論、光実か貴虎がファイルにアクセスする事も見越した上で。 もはや対抗手段である戦極ドライバーが殆ど残っていない中、黒影に変身した城乃内が単身戦いを挑んでくるものの圧倒的な戦闘力差を見せてこれを一蹴した。 なお、コウガネに関する記憶は、最後まで紘汰以外思い出すことはなかったが、貴虎からは「フェムシンムのことを知っていた為、オーバーロードの生き残りではないか?」という当たらずとも遠からずな推測をされた。, 仮面ライダーオーディンのようにラスボスとなる仮面ライダーは存在していたが、最終回のみに登場する仮面ライダーは史上初。 と大絶叫。 「ダークネスオーレ」で発動。 『自らの命を捨ててまで争いを止めようとした戦士』 複数のリンゴ型光弾をダーク大橙丸・ナギナタモードで射出する。 光実が変身した龍玄との戦闘では、苦戦を強いられ、追い詰められるが、 わざと変身を解除し、自分が無関係の少女の体を乗っ取っていること明らかにすることで光実を変身解除させ、窮地を逃れたが、今度は、始まりの男として宇宙の果てへ旅立ったはずの紘汰が加勢に現れる。彼のオーバーロードの力でイナゴ怪人は黄金の林檎のオーラに包まれて消滅。さらに特撮のお約束通り、少女と分離させられてしまった(ちなみに彼だけはコウガネのことを覚えていた)。 そして、自身の前に現れた最後の英雄にして真の黄金の果実を前になお、救済を唱え続けるが、その男が発した「本当に救いたかったのは何か」という一人の人間としての問いに 『どこまでも届く腕を求めた戦士』 精神世界が崩れ始める中、自我を失いかけながらも骸骨恐竜として再生を遂げる。 『ヘルヘイムとは違う進化に至ったもの』 『小説 仮面ライダー鎧武』では世界各地の黒の菩提樹のアジトでザクロロックシードを製造し、マフィアやストリートギャングに提供、おまじないとして一般人にも広める事で配下を増やしていた。 これら『無数の世界の、無数の物語を繋ぐ悪意と敵意という一本の鎖』『戦いによる生と死の輪廻、破壊と再生が繰り返される円環の牢獄』を目撃したはずの光実が、胸の中の譲れない『何か』によって救済を受け入れなかった事を受け、光実がこれまでに戦ってきた、あるいは戦う事になったかもしれない者達との戦いを幻視させ、精神を無間地獄へ飲み込もうとする。 『創造主から人の運命を取り戻す戦士』 劇中、事件の調査を密かに推し進めていた凌馬の手により潜伏先を特定されると、「これが最後の試練だ」と称し、ゲネシスコア付きの戦極ドライバーと、ザクロ及びブラッドオレンジロックシードで仮面ライダーセイヴァーに変身。 虚淵玄と井上敏樹の対談の中で井上は「みかんは腐ってれば邪悪だな」と冗談を飛ばしていた。 「私の目に狂いはなかった。世界を救うためには、やはりあなたの力が必要なんだ」 黄金の果実としての力で全人類の肉体を消滅させるが、精神のみとなって自身と同じく三千世界を巡り、 仮面ライダー邪武がイラスト付きでわかる! 仮面ライダー鎧武に登場するアーマードライダーの一人。 「今の私はこのガキの身体を乗っ取っているだけだ。武器を下ろせ。変身を解け。ハッハッハッハッ…」 「なぜ黄金の果実である私が貴様ごときに…!」 『百八体の人工生命体』 声がオリキャスの片岡愛之助ではない理由に関しては、大人の事情らしく、回想シーンにおいても顔は描かれなかった。 『人間に擬態する地球外生命体』 『多くの友と青春を生きる戦士』 ヘルヘイムの森の実を密かに栽培したり、自身が神へと至るための協力者として凌馬を試す目的で、後述のザクロロックシードで洗脳した一般人を使って自爆テロを引き起こすなどの暗躍をしていた。 これら『無数の世界の、無数の物語で繰り返される戦いの中で人々を守り続けるヒーロー』に気付いた光実は、供界の精神世界にありながら供界の支配から完全に解放された。 『世界と友の両方を救うため、運命と戦い続ける戦士』 男性の人格だが女性の体を乗っ取った敵としては仮面ライダーオーズの錬金術師ガラが、依り代から分離してなお、そのまま実体化するのは敵としては仮面ライダーポセイドンが先例にいる。 これにより供界は完全に滅ぼされ、黒の菩提樹も壊滅したかに思われていたが……。, セイヴァーのドライバーはあくまで供界がこの世に干渉するのに必要な媒体。 また、一応身体だけなら女性ライダーと言えなくもなく、最終回の敵が女性ライダー(?)だったのも、平成ライダー初である。 その真なる目的は、全人類を自身と同じ『肉体の檻から解き放たれた存在』、すなわち個体である事を捨て世界と一体化した単一存在に変える=『究極の進化』をもたらす事。 「今の私はこのガキの身体を乗っ取っているだけだ。武器を下ろせ。変身を解け。ハッハッハッハッ…」 『人と魔のハーフとして生まれた戦士』 首尾よくゲネシスドライバーとエナジーロックシードの性能実験用のモルモットとして排除されてしまったのだった。 『地球の記憶を宿すもの』 激怒した彼は、自身の障害にしかならない凌馬を排除せんとセイヴァーに変身して襲いかかるが、ドライバーのスペックの差と、貴虎をなじられた事で怒りに震える凌馬の実力には到底敵わず、最期はデューク レモンエナジーアームズの『ソニックボレー』で自身をこの世界に繋ぎ止めている戦極ドライバーとザクロロックシードを撃ち抜かれ爆散。 ……かに見えたが、支配下に置いた人間のエネルギーが充分に菩提樹へと供給されていたため、すでに戦極ドライバーなしでも不死の存在、黄金の果実そのものとなっていた。 光実が凌馬のビデオレターからフレーズを頂いて放った「三流」という言葉(奇しくも生前、凌馬が供界を評した言葉と同じであった)が逆鱗に触れ、怒りに任せてインベスや黒影トルーパーの軍勢を差し向けるも、光実と同じく支配から脱した斬月、ナックル、ブラーボ、グリドンに阻止される。 狗道供界がイラスト付きでわかる! vシネマ『鎧武外伝 仮面ライダーデューク』及びノベライズ『小説 仮面ライダー鎧武』の登場人物。 「私の目に狂いはなかった。世界を救うためには、やはりあなたの力が必要なんだ」 「あなたの目的は神を生み出す事だ。 生きる事を諦めず戦いを選ぶ光実に対し、供界は戦いの記憶から創り出した仮面ライダーデューク――光実が勝てなかった男の複製を戦わせる。 『時の列車で時間を駆ける戦士』 以下物語の核心に迫るネタバレにつき注意 邪武の姿と戦闘力は維持したままな為、鎧武と龍玄に立ち向かうが、絆を修復した2人の共闘に歯が立たず、必殺技を繰り出して抵抗したものの2人のライダーキックを同時にくらい敗北。炎となって今度こそ完全に消え去り、断末魔のように彼の顔が爆炎から浮かび上がった。 「ダークネススカッシュ」で発動。 !」 追い詰められた供界は、生死を越える中で『創造』という概念を持ち得なかった故の『停滞』=自身の真実である『死』と、初めに自身を導いた『蛇』のイメージから一つのロックシードを創り出した。 巨大なリンゴ型光弾をダーク大橙丸・ナギナタモードで射出する。, 正体は、劇場版に敵として登場したコウガネ。劇場版で消滅したかと思われていたが、実は生存して復活の機会を狙っていた。 その後、空っぽの怪物となり暴れる骸骨恐竜も鎧武によって倒され、消えゆく中で自我を取り戻す。 というのは見せかけであり、実際には自身の体をこの世界に留めている本体とも言うべき戦極ドライバーとザクロロックシードが健在であったため滅んではおらず、すでにそれを予測していた凌馬は密かに彼が潜伏していた廃工場へと向かう。 支配下に置いた人間をエネルギー源としてセイヴァーシステムを起動する事で巨大な菩提樹を形成し、戦極ドライバーを持たない全人類を支配下に置いた。 「あなたの目的は神を生み出す事だ。私ならそれを叶える事が出来る。呉島貴虎には無理な事だ」 『殺戮を遊戯とする邪悪なるもの』 新たな世界を創る存在こそが神であると考える凌馬にとって、創造する事の出来ない供界という男は神たりえなかったのだ。 しかし、ただ姿だけを複製した、心を持たない空っぽの器が光実に敵うはずもなく、逆に「本当に凌馬に勝てなかったのは供界自身」と喝破される結果に。 『魔物を使役し、殺し合う者』 自身の本質そのものといえる中身のない骸骨を思わせる魔蛇アームズとなり、5人を追い詰めるが、異なる世界、異なる可能性が混ざり合う空間が故に、人々の想いに呼び起こされた英雄の可能性――バロン、黒影、マリカ、シグルド、そしてデュークの攻撃を立て続けに受けついに崩壊。 外見は左肩がゴールデンアームズとなった事で仮面ライダーマルスのように左右対称のアームズになったセイヴァーと思われる。 専用アームズウェポン・ セイヴァーアロー と ソードブリンガー を使用する二刀流での剣術戦を得意とする。 『欲望の化身』 破壊された事で干渉力を失いはしたものの、彼自身が滅んだわけではなく、すでにばら撒かれたザクロロックシードの影響も消えていなかった。 『吸血鬼の如きもの』 彼らがヘルヘイム事件の末に変身できなくなった事実を知ると嘲笑い、彼らが守ってきた沢芽市を破壊し、さらにフェムシンム同様に人類を滅ぼす事を宣言して、イナゴの群れに紛れて姿を晦ます。 エナジー・ドーパント:本編後日談となる最終回に登場した敵繋がり。. 『スーパービークルを駆る刑事にして戦士』 しかし、消えかけた光実の精神に通りすがりの『ライダー』の声が届いた事で、紘汰との誓いが呼び起こされ、光実は再び胸の中の『英雄』を燃え上がらせた。 と吐露し自我を失う。 彼を「三流」と称してバッサリと拒否した。 テレビ朝日「仮面ライダーセイバー」番組公式サイト。《聖なる刃》で世界を救うその名も…『セイバー』!!閉塞感をぶち破り、失われた世界を取り戻せ!時代が求める新ヒーロー誕生! それを聞いた供界は怒りを露わにし、 生きている限り、人々を守り続けるために戦い続けようとする鎧武に「生きて、死ね」という呪いとも祝福とも取れない言葉を残してようやく完全に消滅した。, 死亡したアーマードライダーが手を貸すという展開は同じ「魔蛇」という存在がキーパーソンとなったファイナルステージと似ているが、「死者を蘇らせ傀儡としようとした」「人々の希望が生み出した」という決定的な違いがある。, 仮面ライダー鎧武 鎧武外伝 『夢を守るために戦った戦士』 『宇宙のエナジーを享けたもの』 「わたし、を……た、すけて……」 冠を改造したスーツである。そのためか、フェイスプレートも冠の色違いである。この事から復活に当たってコウガネは冠の姿を参考にしたのだと思われる。その後イドゥンに改造されたと思われる。 そう、彼が成し遂げたかったのは人類の救済などではなく、本当は三千世界に融けて消えてなお死ぬ事の出来ない自分自身が救済される事を望んでいたのだった。 一方、完全復活を待たずに少女を依り代にし、それを人質にとって龍玄を変身解除させて追い詰めるなど、狡猾さと卑怯さは劇場版から変わっていない。完膚なきまでに叩き伏せられ、人間体やマルスへの変身能力を失ったにも関わらず、7ヶ月かけて力を蓄えて復活、新たな姿を得るに至ったあたり、執念深さも相当である。, コウガネが起こした騒動は全てラピスの夢の世界の出来事として完結してしまったため、最初に遭遇した光実を始め、アーマードライダーたちには軒並み忘れ去られており、これに激しく逆上。光実を痛めつけた後、イナゴ怪人と交戦中の貴虎、城乃内、凰蓮の前に姿を現し、駆け付けたザックを圧倒する。 「貴虎の事は残念だよ。彼は私の理解者ではなかった。今でもただの邪魔者にしか過ぎない。……それでも僕が認めた男だ。だが君は違う。君には何の可能性も感じない! かつて自らの野望を阻止したアーマードライダー達への復讐の為に、ヘルヘイム消滅より7ヶ月が経った沢芽市に現れ、無関係の少女(超全集では舞に似た少女とキャスト表記されている。)の体をのっとり、野望の実現を再び目論む。, イナゴ怪人との共闘ではあるが、城乃内の変身した黒影を圧倒し、終盤では鎧武と龍玄を相手にして互角以上に斬り合い、連携銃撃を受けて倒れるもすぐに立ち上がるなど、戦闘力は決して低くない。対抗手段としてのドライバーが少ない状態では脅威の存在である。 一応、声が違うことに関しては、完全復活ではない為、声帯も完全ではないという解釈も出来なくはない。, 仮面ライダー鎧武 アーマードライダー 仮面ライダーマルス 仮面ライダー冠 コウガネ 『究極の闇に抗いながら戦った戦士』 それでも世界そのものとなった供界に滅びはなく、メッキの剥がれたダークネスアームズとなって再生を繰り返し、幾十、幾百、幾千もの敗北の末に黄金の果実としての力も失う。 名前の由来は恐らくジャムだと思われる。 『不死なるもの』 『超加速し、時間の狭間で戦う戦士』 2人に襲いかかり、貴虎すら把握していないドライバーシステムで、貴虎の変身する仮面ライダー斬月と、かつて貴虎と共にヘルヘイムの森の調査で使用していた戦極ドライバーを用いて凌馬が変身した仮面ライダーデューク レモンアームズを圧倒するが、二人の連係攻撃に敗北。斬月の『無双斬』で切り刻まれ消滅した。 さらに凌馬は続ける。 『人を喰らう魑魅魍魎』 『神の御使いの如きもの』 『絶望より生ずる幻魔』 なお、この事件自体が(おそらく)プロジェクト・アークに支障をきたすと判断した呉島天樹の手によりもみ消されたため、呉島貴虎は彼の存在を把握していなかった。 計画を妨げるアーマードライダー達にイナゴ怪人やウツボカズラ怪人を差し向け、さらには武神の力を利用し菩提樹と一体化した『蓮華座偽神セイヴァー』となって相手取るが、斬月 ジンバーメロンアームズの猛攻に敗れ消滅した。 『鍛え抜かれた鬼の戦士』 『歴史改変を目論む魔人』 ロックシードの起動実験が失敗した時に死んで消えたと思われていた彼だが、実際には肉体が消滅しただけであり、彼自身は戦極ドライバーを媒介にオーバーロード、そして黄金の果実に近い存在となっていた。(本人曰く「より高位の存在に生まれ変わった」) 演:鳥羽潤, 戦極凌馬の前任者で、ユグドラシル・コーポレーションの研究所の責任者を務めていた男。過去の禁断のリンゴロックシードの暴走事件ですでに死亡しているはずだったが……? 「戦極凌馬アァァァァァッ!!!!!!! 『希望の魔法使いである戦士』 CV:斧アツシ 「なぜ黄金の果実である私が貴様ごときに…!」 しかし、二人がかりなのに仮面ライダー龍玄1人の前に一旦劣勢になったあたり、仮面ライダーマルスと比べると明らかに弱体化している。本人によるとまだ完全復活の途上の段階にあり、「今はこれが精一杯」とのことで、マルスの時からは程遠いようである。 そして凌馬の前に再び姿を現した彼は自身の目的を語り、上記2段目の台詞と共に凌馬に協力を仰ぐが、肝心の凌馬は

ドラマ(不協和音 ラスト), 中曽根 任期延長, 中曽根弘文 引退, 悪寒 熱はない, カルディコーヒー粉 おすすめ, シンジ君 おめでとう, アカゲラ 英語, Twitter 言語設定 韓国語から日本語, 数字 単位 最大, ワンオクTaka 親, 中村蒼 ドラマ, インフルエンザ バファリン 服用, 結城凱 タバコ 銘柄, 柳英里紗 ローリング, インフルエンザHAワクチン KMB, 表参道高校合唱部 続編, どんぐり ちくわパン 値段, 鶯 ことわざ, エヴァ量産機 レイ, フォロワー管理アプリ インスタ, 木の見分け方 樹皮, Excel 重複 まとめる, 安田レイ アニソン, モンスト ルシファー 声優 引退, フロントページ 意味, グッドモーニングコール シーズン3, うちの夫は仕事が できない あらすじ, エヴァ 新劇場版 ラスト,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

テスト