日航機墜落事故 横田基地

今回は日航機墜落事故とトロンの関係について調べていきます。520人の人が亡くなった悲惨な事故ですが、実は様々なことが言われています。今回はその中でトロンについてこの事故との関係を調べていきたいと思いますので、最後までご覧いただければと思います。ということでさっそく書いていきます。, 実は123便には松下トロンosの技術者が17人乗っていたと言われています。名前は分かりません。このトロンというのはこの時代はウィンドウズとマッキントッシュが少しずつ知られていた中で日本が作っていたものです。osというのはオペレーティングシステムというものです。これは何を意味するのかということですが、実はこのトロンosはウインドウズの10年先を行くのではないか?ともいわれたということです。この日本製のトロンがコンピューターの歴史を変えるのではないか?とも言われていました。そして実はこのことをアメリカは脅威に感じていたと言われています。そしてこの123便にこのトロンを開発している17人のいわば天才が乗っていたということです。ここからは真相が分かりませんが、実はアメリカはこのトロンosを潰そうとしていたのではないか?ということが言われています。多くの人が感じるこの123便の事故あるいは事件の裏側がここにあると考えられます。このことを軸に考えていきます。そうなるとつじつまがあうことがでてきます。, 日航機墜落事故に関して必ず話題になる内容があります。それは救助に来るまでの空白の12時間です。123便が墜落してから12時間後に自衛隊が来ました。いったいこの12時間の間に何をしていたのか?ということが注目されます。日本の自衛隊には国籍をもたないアメリカの特殊部隊がいるということが分かっています。この空白の12時間の間に実はこの自衛隊の特殊部隊が123便にあたったと言われているミサイルの証拠隠滅を図っていたのではないか?と言われています。アメリカの中の在日朝鮮人あるいは在日韓国人の特殊部隊です。証拠がないのでわかりませんが、もしかしたらこの123便の事故がアメリカの画策であるとしたら在日米軍の自衛隊の特殊部隊がミサイルを撃ち込んでその証拠隠滅をしていたという可能性が考えられます。あくまでも可能性のある話です。ここから憶測されるのがこの事故の遺体が黒焦げなことやすべてを証拠隠滅しようとしたということがつながってきます。もしですが、このトロンosのことが関係しているのであればそのトロンosのことに関しても証拠隠滅を図ったのではないか?という可能性も考えれます。続いてこの事故の後に判明した情報があるのでそのことについて触れていきます。, 実は123便がなぜ御巣鷹山に落ちたのか?ということに関しても様々な憶測が飛び交いますが、実はこのようなことがわかっています。, 米軍の横田基地から出ていた輸送機のC130に乗っていた乗員による「アントヌッチ証言」によれば、米軍は日航ジャンボ機(JAL123機)の救助信号をいち早くキャッチし、救助の準備も出来る状態にあった。証言によれば墜落から2時間後には、現地につけたとある。 即ち、横田基地に緊急着陸出来たのである。それは 乗客乗員524人全員を助ける唯一の手段であり、方, 策であった。然し123便は全員の命が助かる唯一の方策::緊急着陸を自ら放棄するだろうか。, それは絶対にあり得ないことである。そこに 緊急着陸をさせたくない人間がいて禁止したからだ。権力者, は自己保身のために、権力維持のために、責任回避のために 着陸を妨害したのだ。それは自衛隊最高指揮, 権限者である内閣総理大臣と防衛大臣、自衛隊最高幹部であり、その残虐、残酷性は 古代ローマの暴虐, 王::ネロ皇帝に匹敵する。近代民主主義国家:日本に於ける残虐王:中曽根康弘は 歴史に悪名を残すこと, 日航123便は誠に不運な旅客機であった。何故、横田基地に緊急着陸をさせて貰えなかったか。その端緒は相, 自衛隊百里基地の司令官は、この不祥事の報告を受けて、直ぐに偵察機を発進させて 確認させている。この司令官は偶然の事故として受け止めて、友人の同志に「えらいことをした。民間機に標的機を当ててしまった。今戦闘偵察機2基を発進させた」と重大な失態を電話で軽い気持ちで知らせている。然しこの不祥事を知らされた時の幕僚長、防衛大臣、総理大臣は驚愕し、声を失った。衝突が事故であっても、既に14年前に起きた全日空機雫石戦闘機衝突事件の実績もあり、旅客機が墜落すれば、自衛隊の最悪の不祥事として、総理、大臣、幕僚長の責任は甚大で責任を取らねばならない。 緊急の総理幹部の鳩首会議での結論は完全隠蔽であった。この決定で 乗客、乗員524人の命運が決まったのであった。, 緊急発進させた戦闘偵察機の見た旅客機の飛行状況は、驚愕の事態であった。焼津市で日航123便に追い付いた戦闘機が見, たのは、垂直尾翼を失いながら、飛行する123便は操縦出来、飛行していたことであった。その上、更に驚いたのは、機体, の腹部に赤い模様が見え、それは自衛隊の標的機の吹き流しが機体の腹部に貼り付いていたことであった。, 且つ高濱機長は横田に着陸申請し、横田は許可していた。このまま、123便を横田に着陸させると、自衛隊標的機の日航機へ, の衝突の不祥事が白日の下に晒され、自衛隊、自衛隊最高指揮権限者である中曽根総理の責任が問われて、辞任辞職となり、, このまま、日航123便が横田基地に着陸すれば、全員が助かることは間違いなかったが、自己保身、責任回避のために総理、, 助かる唯一の機会にも拘らず、その機会を奪うという非人道的、非倫理的、残虐な行為を自衛隊に命じたのであった。, 日航123便は垂直尾翼、油圧装置の破壊後、5分程度で、ほぼエンジン出力の調整で操縦が出来る見込みを得て、高濱機長らは、更に手動操縦の練習をしながら、乗客乗員の命を助けるために、最寄りの飛行場への緊急着陸を考えていたのである。, 最初、高濱機長は直ぐに羽田に帰ると告げているが、これは反射的に機長は、出発飛行場に帰ると言うものである。然し、機体の異常事態(油圧操縦自動不可)を発見して、機体の安定性と操縦性のバランスを取るには困難であると判断して、密集地の東京を避けて、周囲に人家が少ない、救助の態勢が整っている横田基地に決めたのではと推論する。, 飛行経路から見ても、羽田への東進でなく、焼津、藤枝市から、横田へ北上しており、これを裏付けるものである。高濱機長は機体の安定と操縦性の確保を行いながら、乗客、乗員の命を助けることを最優先にして機長としての責務、使命だと考える人間であった。, 彼の飛行準備がとても用意周到で、決して掛かる事態で拙速な行動を行うのでなく、確実な計画と準備で慎重に対応した。, 富士山を過ぎた頃から、高濱機長は横田基地との交信を行い、緊急着陸を申請して、横田の許可を得ている。横田基地は米軍軍事基地であって、民間機の着陸は認められない規則であった。然し、緊急着陸は例外であり、人命最優先の立場では、米軍も又、同じであり、米国人の人命最優先の慣習、考え、正義は徹底している。, この会話をアントヌッチ中尉は無線傍受を行っており、後に「緘口令」の命令が退役で切れた時点で、米軍の機関紙「星粂旗」に投稿して、驚愕の告白を行って世界を驚かした。, アントヌッチ中尉は、高濱機長が日本語での会話に切り替えたことを緊急事態だと感じて、日航123便の危険な飛行状況に注視していたのである。このような感覚、危険の察知を当時の日本の関係者、対策本部の人らが抱いて発言し行動した人はいないである。 乗客乗員524人の命の危険が迫っていたのに。, あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, 自衛隊百里基地の司令官は、この不祥事の報告を受けて、直ぐに偵察機を発進させて 確認させている。この司令官は偶然の事故として受け止めて、友人の同志に「えらいことをした。民間機に標的機を当ててしまった。今戦闘偵察機2基を発進させた」と重大な失態を電話で軽い気持ちで知らせている。然しこの不祥事を知らされた時の幕僚長、防衛大臣、総理大臣は驚愕し、声を失った。衝突が事故であっても、既に, 年前に起きた全日空機雫石戦闘機衝突事件の実績もあり、旅客機が墜落すれば、自衛隊の最悪の不祥事として、総理、大臣、幕僚長の責任は甚大で責任を取らねばならない。, 緊急発進させた戦闘偵察機の見た旅客機の飛行状況は、驚愕の事態であった。焼津市で日航, 便が横田基地に着陸すれば、全員が助かることは間違いなかったが、自己保身、責任回避のために総理、, 機会にも拘らず、その機会を奪うという非人道的、非倫理的、残虐な行為を自衛隊に命じたのであった。, 便は垂直尾翼、油圧装置の破壊後、5分程度で、ほぼエンジン出力の調整で操縦が出来る見込みを得て、高濱機長らは、更に手動操縦の練習をしながら、乗客乗員の命を助けるために、最寄りの飛行場への緊急着陸を考えていたのである。, 最初、高濱機長は直ぐに羽田に帰ると告げているが、これは反射的に機長は、出発飛行場に帰ると言うものである。然し、機体の異常事態, を発見して、機体の安定性と操縦性のバランスを取るには困難であると判断して、密集地の東京を避けて、周囲に人家が少ない、救助の態勢が整っている横田基地に決めたのではと推論する。, アントヌッチ中尉は、高濱機長が日本語での会話に切り替えたことを緊急事態だと感じて、日航, 便の危険な飛行状況に注視していたのである。このような感覚、危険の察知を当時の日本の関係者、対策本部の人らが抱いて発言し行動し. 今回は菊容子と藤沢陽二郎の関係や●された事件あるいは周辺の情報について調べていきますので最後までご覧いただければと思います。... 今回は信濃町と創価学会の関係について調べていきます。実は危険なのではないか?あるいはやばいのではないか?ということが言われる... 今回は瓜田純士と所沢のタイソンそしてワンターレンについて調べていきます。情報が少なくわからないこともありますので、わかる限り... 今回は福知山線脱線事故について僕なりに感じることを書いていきます。最初にお断りいたしますが、僕の主観や解釈が多めになっていま... 今回はチーマーについて気になることを調べていきます。結構前の話なのかもしれませんが、今現在も多くの人が関心を持っている内容で... 今回は高知県小学生水難事故という闇の深い事件について調べていきます。この事件は調べれば調べるほどにおかしな点があります。そん... 今回は与沢翼の現在について調べていきます。また過去に一体どういうことをしていたのか?ということについても調べていくので最後ま... 今回は警察庁長官國松孝次が狙撃されたという事件について調べて僕の思うことを調べていきますので、最後までご覧いただけると嬉しい... 今回は創価学会の結婚に関する様々な噂について調べていきます。僕もそうですが、実は創価学会という宗教や結婚という内容に関しては... 今回は三浦春馬の母についての様々な噂について調べていきますので、最後までご覧いただければと思います。ということでさっそく書い... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 中曽根康弘は日航機墜落事故の真相を言わずに墓場まで持って行った可能性1000%です!, 日航機墜落事故の真相を知っている自衛隊員はその重圧に耐えきれずに自●していったのではないか?. Gerd Altmann による Pixabay からの画像   目次 読了13分 人々の生活に欠かすことのできないツールとなったインターネット 新たな通信網を欲していた米軍が推し進めたネット技術 表に出ている軍事技術には何らか... この事件は様々な疑惑が存在し、事件後に事故調査委員会が下した結論である、機体後部の圧力隔壁が破壊し、そこから流出した空気の衝撃波により垂直尾翼が破壊されたとする墜落原因は、機内に急減圧が起きていないことから否定されています。, また、隔壁の破壊が起きていたとしても、そこからの空気流は音速を超えず、尾翼を破壊するだけの巨大な力は発生しないため、現在でも真相を追究する関連書籍が出版されています。, 私は陰謀の存在を肯定する立場にありますが、その理由は圧力隔壁の破壊が信じられないだけでなく、以下の点からも判断しています。, 航空事故調査委員会のメンバーが、中間報告からわずか1ヶ月後に、委員長を含めて2名が任期満了との理由で交代になった。, 相模湾で落ちたとされる垂直尾翼の大半が、回収されないまま捜索が打ち切りとなり、後に遺族らが引き上げを強く求めたが実施されなかった。, 15年後マスコミに流出したCVRは、一部が改竄されており、意図的なリークだった可能性があること。, 他にも、これから挙げていく事実に多くの不可解な点があり、真実は隠蔽されたと考えています。, よって、この大事件を隠蔽できるだけの犯人は、真実から目を逸らすために様々な偽情報を拡散しているはずであり、事件発生当時から今に至るまで、証言や物的証拠も含め、書籍、ネット、専門家などを使って至る所でミスリードをしていると考えています。, 以上を考慮すると、自衛隊が事件に深く関与していると考えられ、それを前提に本当の事故原因を追っていきます。, ボイスレコーダーに残された記録で、海上自衛隊出身の機長らが、緊急信号の「スコーク77」と発した後に「オレンジエア」と続けて交信しており、「オレンジエア」とは、海上自衛隊の隠語で誘導ミサイルや無人標的機のことであり、機体にミサイルが衝突した可能性がある。, この訓練で使用していた、仮想敵機となる無人標的機のファイア・ビーとチャカⅡが、誤って123便に衝突した可能性がある。, ファイアービーとチャカ2はオレンジ色をしており、123便の尾翼にオレンジ色の塗料が残され、事故現場にも落ちていた。, 現場で足止めをされていた上野村の猟友会や消防団は、その間ヘリコプターによってオレンジ色の物体が回収されているのを目撃している。, ただし、ファイアービーは遠州灘沖でしか使用しておらず、また「まつゆき」の訓練支援艦「あずま」は、当日は呉(広島)のドックに入っており、標的機(ドロン)を飛ばせる状況ではなかった。, これらを総合すると、自衛隊の無人標的機が誤って123便に当たり、証拠隠滅のために動いた可能性が考えられますが、在日米軍の側面から事件を検証していきます。, 無線の第一報の内容は、米空軍戦闘機が実弾ミサイルを日航ジャンボ機に命中させてしまったという情報がある。, 当時米空軍戦闘機は、日本の民間航空機を敵機と見なし、演習用の模擬ミサイル弾を発射する軍事演習を頻繁に行っていた。, 事件当日、遺族が日航の社員に詰め寄って原因を聞くと、米軍が関係しているとの証言や、北朝鮮のミサイルに撃ち落とされたと証言した。, 赤いプロペラの付いた物体が畑の上を飛び、それが123便の機体に当たり、爆発したとの証言がある。, 墜落現場では、爆発音と共に原爆のようなキノコ雲が現れ、オレンジ色の閃光が走ったという多くの証言がある。, 墜落現場付近の長野県川上村に設置されていた微小地震計は、墜落時に起きた三波の振動を記録しており、第一波と第二波は一秒ほどの僅かなものだったが、第三波は約5秒間の大きな揺れが起こり、その後10秒近く振動が尾を引く大きな波であった。, 相模湾での護衛艦「まつゆき」の訓練は、海上自衛隊だけでなく、米軍や軍事会社と共同で行われていた。, 123便を追尾していた2機の自衛隊機は、米軍機の可能性がある。自衛隊のファントムは日の丸が付いているようであるが、上空の飛行機を識別することは難しく、一般人であれば尚更である。後に自衛隊員が証言した「低空」という文言は、敢えて入れたような不自然さがあり、偽装の可能性がある。そもそも過去のファントムは、分かりやすい位置に日の丸が付いていたのか疑問が残る。米戦闘機が自衛隊戦闘機を偽装していた可能性も捨てきれない。, 意図的にボイスレコーダーから削除されていた交信相手は、米軍機であった可能性がある。, 事件直後、現場に救助へ向かった自衛隊員数名が何者かに射撃されたニュースがテレビで流れており、後に訂正されたが、実際に亡くなっているとも言われる。, 自衛隊員が自衛隊員を撃ち殺すのは不自然であり、先発で活動していたのは米軍だった可能性がある。, いち早く現場に駆け付けたM氏の証言によると、先発で活動していた自衛隊員は、手に大型のアーミーナイフを持ち、暗視スコープを掛けていたが、当時の自衛隊員の装備にはない。, 事件後の数年間で、多くの航空自衛隊員が自殺に見せかけられて殺されているようであり、危険を感じていると漏らした隊員も自殺している。, 元JALの社員であった佐宗邦皇氏は、墜落原因を、無人標的機に尾翼を攻撃され、最後はアメリカの戦闘機による空対空ミサイルの中性子爆弾によって撃ち落とされたと結論付けた。, 以上を総合すると、事件後早々に活動していた自衛隊は、実は偽装した在日米軍であり、米空軍機が123便を追尾し、最後に撃ち落とした可能性が考えられる。, 河村氏は、先発隊の救助を制止した責任者であり、そこで何が行われていたのか理解したのでしょう。, 似たようなことを、事故調査の陣頭指揮を取り、関係者をすべて不起訴処分とした前橋地検の山口悠介検事正も語ったとされています。, 自衛隊のミサイルという外的要因が疑われるなら、徹底的に調査して闘うはずですが、それをしませんでした。, 全日空機羽田沖墜落事故では、一切自社の過失を認めなかったボーイング社ですが、このときは事件後早々に、原因は過去に起きたしりもち事故時の修理ミスと自ら告白し、それを認めてしまいました。, 過去の対応と比較してもそうですが、訴訟社会である米国の企業としては実におかしな対応を取っています。, 実際JALなどの日本側から、ボーイング社に対する損害賠償訴訟は起こされていないようです。, 高圧的な米国政府さえも、自国の企業を守ることはせず、事故原因を後部圧力隔壁説へ誘導するように本国の, 陰謀論の中では、相模湾の演習で使用していた自衛隊の無人標的機の誤射が原因であり、自衛隊が隠蔽工作を主導したとする説が大勢を占めていますが、今までの検証と以下の点から有り得ないと考えています。, 飛ぶ飛行機を特定し、123便の事故状況を確認し、現場の責任者から制服組のトップや防衛庁長官に情報が行き、総理大臣の中曽根まで連絡が到達し、中曽根が飛行機を撃ち落とすという重大な事項を即断し、早々に自衛隊に追撃を指示し、米軍にも手を回して横田への着陸を阻止し、直ちに現場へ自衛隊員を投入できたとは考えられません。, 普通に考えても不可能であり、甘っちょろい危機管理体制の日本が、急に起きた事象にこれだけ早く対応できたとは到底考えられず、ましてや自国民を抹殺し、証拠の隠蔽を図るなどという大それた決定に、米軍も含めて障害がなかったはずがありません。, また、相模湾に米軍や軍事会社がいたならば、責任の所在で揉めるはずであり、スムーズな意思決定のできる状況ではありません。, 最後のミサイル攻撃や生存者の殺害などは、余計な嘘を重ねる必要が出てくるだけで、考えられない措置でしょう。, ボーイング社が協力してくれるかも分からない状況であれば、まずは懸命に助ける道を模索するはずです。, そして、羽田や横田に着陸できる状況であったならば、それを阻止する理由など、どこにもありません。, 垂直尾翼の破壊も相模湾の演習で引き起こされたものではなく、上空を飛んでいた米戦闘機などから発射されたミサイルか無人標的機で撃ち込まれ、そこから先も, 中曽根康弘は、もしかしたら一部で関与している可能性はあり、他にも協力者がいたはずですが、すべてが米軍主導で行なわれたはずです。, 米軍の救難ヘリが、座間から現場に到着して救助活動に入ろうとしたところ、現場から退去を命じられ、これについては口外するなと厳命されたアントヌッチ中尉の証言がありますが、これはアリバイ作りと、311のトモダチ作戦と同じ構図です。, 東日本大震災では、米空母ロナルド・レーガンが即座に三陸沖に駆け付け、そこから日本への救援活動を行っています。, 因みにレーガンの乗組員は、定員の半数を超える実に二千人以上が被曝し、死者も発生するなど甚大な被害が出て、数百人が訴訟を起こすなど大きな騒動になっていますが、福島では、そもそも原発の側にいた東電関係者に被曝の死者が発生しておらず、福島県内でも騒ぎになるような多数の被曝者はおらず、訴訟なども起きていません。, 比較すると、その割合は明らかにおかしな状況で、しかもレーガン乗組員の被爆発生は、事件から2、3年後に起きているのです。, 、当然原発周辺の人間もただでは済まず、チェルノブイリのように急性放射線障害による死者が発生し、また膨大な, 地震の破壊が複雑な形で3回起き、これは極めて稀で、少なくとも初めてであり、波にも通常では説明できない別のものがあった。, 阪大の准教授が、東日本大震災の余震データを捏造していたことが明らかにされたように、311が, 自然の地震ではなく、戦前すでにアメリカが実用化していた地震兵器だと明確に私は結論付けました。その詳細は以下の記事に譲りますが、, 311震災直後の米軍は、無人偵察機のグローバルホークを福島に飛ばしているようであり、原発や震源地の被害状況を把握していたはずで、震源地近くで被爆した, 空母レーガンは別の指揮系統で、乗組員らは被害者ともされ、放射線被害を訴える姿は紛れもなく被害者ですが、米軍が後に行ったこの放射線被害の隠蔽を考慮すると、, 迅速なトモダチ作戦の遂行は、日本の世論を味方につけるとともに、また隠蔽工作であるとも考えられ、123便もそれと同じアリバイ工作を疑うべきでしょう。, 過去に、機体尾部が滑走路と接触する事故を起こしており、このときの修理ミスが、後部圧力隔壁を引き起こしたと最終的に結論づけられましたが、この便を狙い撃ちにしたと考えれば、すべて辻褄が合います。, また、123便に多量の医療用ラジオアイソトープ(放射性同位体)が貨物として積載されていたのも、中性子爆弾の放射能を隠すため、計画的に積んでいたのでしょう。, 当日行われていた相模湾の演習も計画通りであり、陰謀を疑われた時のために、自衛隊へと罪をなすりつける保険であったと考えられます。, さらにこの事件の年に、ボーイングの子会社であるボーイング・バートル社が、ベル・ヘリコプター社と組んで日本から数兆円規模のオスプレイを受注しており、予めボーイング社に対する保障まで組み込まれていたことが分かります。, ネットでは複合的な説が唱えられていますが、最大にして最高の目的は、以下であったと私は考えています。, その根拠は、アメリカがインターネットを民間に開放した理由と密接に関わっているからです。, この事故で松下は、社員17人だけでなく、家族を含めると総勢24人を失うことになりました。, その中でも、前年に山下社長肝入りで発足した、コンピューターのOA化を図るシステムエンジニアリング本部は、幹部3人を亡くして痛手を被りました。, その理由は、アメリカが軍事技術として確立したWWWを、なぜ民間に開放したかに深く絡んでいるからです。, その詳細は文末の関連記事に譲りますが、ここまで突っ込まなければ、JAL123便の事件は全貌が見えてこないと思います。, プラザ合意を調印させるため、円安に反対していた関西の財界大物4人を全員抹殺し、総理大臣の中曽根と蔵相の竹下登を脅すため。, JAL123便に核兵器が積まれていることをアメリカに突き止められ、証拠隠滅のために自衛隊機が123便を撃ち落したため。, まずプラザ合意に関しては、当時財政赤字と貿易赤字の双子の赤字で苦しんでいたアメリカにとって、円高ドル安に振れることで日本への輸出を有利に進め、またドル建ての対日債権を目減りさせる目論見はあったと考えられ、さらには、円高による日本企業の海外進出、中国の成長による日中対立の促進、日本の産業の空洞化、バブル、そしてその崩壊まで計算に入れていた可能性はあり、墜落事故1ヶ月後に開かれた蔵相・中央銀行総裁会議で、有無を言わさず調印させるための脅しであったことは確かでしょう。, 核や戦争アレルギーのある日本国民に洩れたらただでは済まないことぐらい誰でも分かるはずで、, 更に言えば、アメリカが核の運搬を突き止めたのを、自衛隊はどこでどのように知り得たのでしょうか?, 仮に日本側のスパイが米軍にいて、その情報が短時間で中曽根まで到達したとしても、アメリカがどこまで把握し、どのような対応を取るかも分からず、またすでに秘密がばれているならば、飛行機を撃ち落としても放射能で分かってしまい、逃れられないはずです。, よって、核を隠すという理由だけで、自国民の命を犠牲にする追撃命令を下す可能性は限りなくゼロに近いでしょう。, さらにこの核弾頭を巡る話では、自衛隊機が偵察にきたNSA機、米戦闘機、ロシア戦闘機を撃ち落し、さらに味方の自衛隊機も撃ち落したという荒唐無稽な説を、物的証拠と共に唱えている陰謀論者がいますが、馬鹿げた嘘です。, 少し考えれば分かりますが、プラザ合意の陰謀を主張するならば整合性が取れず、一般人の目撃証言もありません。, また、山下運輸大臣の語った「日本は何でもアメリカの言いなりだからね」の意味や、与えらえれた時間を考えれば有り得ず、戦闘機の残骸である物的証拠は紛い物でしょう。, これも、中性子爆弾の放射能を隠蔽する工作の一種であり、どうしても自衛隊に罪を押し付けたい勢力がいることの証であり、陰謀自体が疑われるように仕向ける工作の一種でもあります。, 事件の真相は単純で、用意周到に事を運んだ米軍の単独犯で、日本は手出しができなかったのです。, 残念ですが、戦後の日本は、アメリカを支配する国際金融資本ユダヤ(ディープステート)にめちゃくちゃにされているのが実情です。, 日本だけでなく、世界も同じように引っ掻き回されており、事実プーチン大統領は、世界で起きているテロ攻撃の95%がCIAによって指揮されていると語っています。, ダグラス・グラマン事件やリクルート事件などで捜査の手を逃れているので、恐らく支配層の息のかかった政治家だと思いますが、この事件で, 事故発生当時、中曽根はアメリカに逆らって救助を行うことができず、事故後も原因を追究してアメリカと事を構えることはできず、犠牲者に見せる顔がなくて訪問を躊躇われたのかもしれませんが、, こういう態度がアメリカに見透かされ、付け込まれ、国民の生命を守れないことに繋がり、現在に至るまで日本が迷走を続けている原因なのでしょう。, そして、日本には本事件の隠蔽に加担する国際金融資本の手先が跋扈しているにも関わらず、それに気が付かない日本人が大半で、亡国への道を突き進んでいます。, 機内アナウンスを担当していた対馬祐三子さんの残されたメモには、不時着を想定した内容がびっしり書き込まれ、最後まで乗客のために尽くしていたことが分かります。, 生存者の一人である吉崎博子さんの証言にも、真っ逆さまに墜落しているときでさえ、近くにいたスチュワーデスが, この声に悲愴感はなく、どうにかソフトランディングし、乗客の命を救おうという意志が感じられます。, そして実際には、墜落後多くの生存者がいたことから、高浜雅己機長、佐々木祐副操縦士、福田博航空機関士たちは、緊急着陸に成功し、乗客を救っていたのです。, と話しているように、睡眠ガスや毒ガスなどを用い、事前に準備し、いち早く到着した米軍によって手を下されたのでしょう。, 「524人の命乞い」という一冊の書籍があります。この事件で身内を亡くされたご遺族が書かれたものです。, 本の内容は、不自然なほど自衛隊に罪を擦り付けていたため、論拠を持った私の説を伝えるため、遺族の会である, ご遺族なら真実を知りたいと思うはずで、新たな視点や新発見を快く受け入れてくれると思ったのですが、, 残念ですが、この本はご遺族が執筆されていない、もしくは何らかの理由で、事故の原因を自衛隊になすりつけていると結論付けざるを得ませんでした。, 本事件を隠蔽できる強大な権力は、ここまでの工作をしてくるのです。 そして戦後の日本は、そんな勢力に支配されているのです。, トランプ大統領は、まさにそのディープステートと闘っており、この本の目的が露呈した形になりました。, 著者が本物の遺族であり、そして心から真実と真相を求めておられるのであれば、誰の主張であろうと、この理不尽極まりない事件を解決したいとする想いに耳を傾けてくれるはずです。, また、元日本航空の客室乗務員とされる、青山透子氏という方も、不自然に自衛隊へ罪を擦り付け、それも堂々と何冊も本を出していますが、, 実在を疑うコメントがいくつもあるように、もし成り済ましやディープステートのゴーストでないのなら、是非私と議論をしてほしいものです。, 我々日本人には、本事件の隠蔽に加担する多くの者たちを炙り出し、糾弾していく責任があるはずであり、それを果たすまでは本当の戦後は終わりません。, https://www.ishigakisou.com/2018/03/123.html, 疑惑 JAL123便墜落事故―このままでは520柱は瞑れない 角田 四郎 早稲田出版, ディープステート戦争屋ハザールユダヤ国際金融資本ロスチャイルド陰謀論イルミナティ新世界秩序シオニスト, トランプ大統領が支持される理由はディープステートと戦っているためである  裏で進む1%人間たちの大量逮捕, ディープステートの正体とは? ユダヤの陰謀論を大富豪ロスチャイルド家から簡潔に説明する, 東日本大震災で隠され続けてきた事実 米軍が戦前に実用化していた人工地震の疑惑を検証する, ディープステートのスパイ・桜井誠が韓国・中国を罵る理由は日中韓経済圏の阻止のため 自作自演の卑怯な集団, 愛国的な日本人のふりをした安倍晋三とネットウヨクの正体 GHQが企んだ日本の間接統治と分断統治, 馬渕睦夫氏おすすめの本「反グローバリズムの逆襲が始まった」 真実にわずかな嘘を混ぜるテクニック, 子供のおもちゃに必ずレゴを採り入れなければならない理由 創造的破壊とビルドアンドスクラップ, 安倍政権にメスを入れ始めた東京地検特捜部は、アメリカ・CIAの出先機関から変わったようである.

まとめてくれてありがとう 英語, ケインコスギ 2019, もっと詳しく調べる 英語, 仮面ライダーネオ1号 フィギュア, 簡単に 英語 副詞, 深田恭子 サーフィン 腕前, 正確性に欠ける 英語, エヴァ 使徒 一覧, 下野紘 ランキング1位, スマホ インターネット ブラウザ, インフルエンザ 何日, Response Respond 意味, 内訳 英語 見積もり, 永野芽郁 凄さ, 鬼滅の刃 6巻 アニメ, 中村 倫也 二子 玉川, 岡部大 ドラマ, 啄む 類語, ブログ 英語, Relevant 意味, 古川雄大 独身,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

テスト