14才の母 最終回

見て後悔しました(-_-;), メールアドレス: 未希が自分を含めて言ったとき 可哀想だと反対する皆さんには トップページ 『14才の母』公式HPより キッドさん!!青空ちゃん・美空ちゃん残念!!自分は陸・海・空と言ってたので当然正解です!!ひらがなだった....... [続きを読む], » 蘇生〜ALIVE(14才の母#11最終回) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο] だまだ続く。  未希(志田未来)が決死の思いで産んだ子供は、体重も少なく、当分の間新生児集中治療室で育てられることに。未希が懸命に搾った母乳も自力で飲めず、一度も泣かない状態だった。一方、静香(室井滋)から受け取った出産祝いのことを忠彦(生瀬勝久)に話した加奈子(田中美佐子)は、静香... [続きを読む], » 「14才の母」最終回 [みょうがの芯] もう少し厳しい結末になるのかなぁと思ってたんですが、ハッピーエンドが好きな者としてはありな終わり方ではあります(^^ゞ  感動作だが、結末を覚えているスタジオ出演者は少なく、街頭インタビューでも「最後は一人で育てたんでしたっけ?」「いや、結婚したんじゃ…」などと忘れている人がほとんどだった。 しかし未希の場合は... [続きを読む], » 14才の母・第十一回 最終回・命って何? [Yが来るまで待って・・・] 日テレの「予告編作り」と番宣の勝利!, 続編で何とかケリをつけて欲しいですが、皆さんの言うように、それも綺麗事で終わったら・・・・となると・・・・見たくないかも?, mariさん、こんばんは! 智志は徐々にママの支配から脱却していった。 あっ違った、そらちゃんでした、そらと言われると最近芸能界を賑わしたあの女性を思...... [続きを読む], » 14才の母 最終回 [ドラマ!テレビ!言いたい放題] 14才で妊娠し、いくつもの障害を乗り越えて遂に出産した未希(志田未来)。 漢字では無かったけど、「そら」は当たったどーーー!{/good/} 6歳で劇団に入団、翌年にはドラマ初主演して以来、ドラマに映画に声優にと活躍している志田未来の2006年ドラマ「14才の母」。あの小屋での出来事から2ヶ月。検査キットで陽性反応が出た未希、果たしてどんな展開都なって行くのか...ここでは「14才の母」のあらすじ(ネタバレ) no.2 All Right Reserved. 私の思い描いていたドラマとあまりにも [続きを読む], » 14才の母 最終回〜涙の最終回スペシャル…命ってなに?〜 [アンナdiary] 生きてくれ~。って思って、それなりに感動はしました。 【14才の母】の動画は、Huluで見放題配信中!志田未来主演 【女王の教室】や三浦春馬主演【サムライ・ハイスクール】や【殺人偏差値70】なども見放題です。※2020年8月の情報です。最新情報はHuluで確認を! 内容そらと名付けられた赤ちゃん。幸せに暮らしましたとさ。。。コレで、『内容』『感想』を書け!!ですか???ホントに『難問』の今回(^_^;別に『不幸』なコトもなく。特に『問題』も発生せず。皆さん、幸せに暮らしましたとさ。。。だよね?別にね。私は、『不幸』を...... [続きを読む], » 14歳の母vol.11-最終話- [ita-windの風速計]  ラストを知った視聴者は「改めて内容が凄い社会派ドラマだと思った」「うわ、出産したことだけ覚えてた…」「志田未来ちゃん、三浦春馬くん、演技が凄い」「こういうドラマをまた見たい」などの反響があった。, DA PUMP Mステで新曲「桜」初披露!“ダサかっこいい”から“マジかっこいい”に, サンシャイン池崎、両親に一軒家プレゼントも意外な反応に絶句「ボロ家に慣れすぎてて…」, 杉浦太陽&辻希美が二段ベッド購入を報告「上がノアで、下がセイア…」11歳長女と8歳長男が使用, 脳動脈瘤手術のクロちゃん、退院を報告「いつも叱咤激励罵詈雑言ありがとうございます」, 中村倫也10年ぶり本多劇場!根本宗子脚本・演出「クラッシャー女中」で麻生久美子と舞台初共演, 佐野瑞樹 昨年末でジャニーズ事務所を契約満了で退所 45歳「これからも温かく見守って」, 「まんが日本昔ばなし」製作のMBS・三村社長 市原悦子さんと「一時代を築けたのは光栄です」, 「クレしん」よしなが先生声優・七緒はるひ結婚「こんなポンコツな私とずっと一緒にいたいと…」, 市原悦子さん告別式 初主演映画の恩地監督が弔事「いつも、えっちゃんが何とかしてくれるだろうと」, 永野芽郁、30代に間違われる!? 20歳の目標は振り袖姿を「違和感なく見られるように」, 二番福のピン芸人・伊丹祐貴、仕事5倍に 親友の「霜降り明星」粗品も「おもろいぞ〜」, 井ノ原快彦が上戸彩と夫婦役でドラマ初共演 「家族の温かさ共感できる」3・26フジ系「僕が笑うと」, 米津玄師「Lemon」史上最速323日で200万DL これまでの記録2480日から大幅更新, 市原悦子さん通夜 後輩俳優、仕事仲間ら600人がお別れ 「根っから芝居が好きだった」, 市原悦子さん通夜 ミッキー吉野が弔辞代わりに献歌 7日に見舞った際に「遺言」受けた, 市原悦子さん森に眠る 生前の希望通り自然に囲まれた祭壇 夫と同じ樹木の下で安らかに 通夜に600人, 天皇陛下作詞、皇后さま作曲の沖縄の歌「琉歌」 三浦大知が歌う 来月24日の在位30年記念式典で, ダンディ坂野“ゲッツ”×スギちゃん“ワイルド”=「Get Wild」MV コラボテーマのCMで共演, 滝川英治「前を向いていれば明るい光を見つけられる」 17年秋に大ケガ負って以来の仕事復帰, 三浦翔平「楽しくやってます」 桐谷美玲との新婚生活は幸せ一色 昨年末の結婚披露宴後初の公の場, クロちゃん脳手術成功 21日TBS「名医のTHE太鼓判!」で密着 昨秋のドックで動脈瘤発見, 鈴木京香がCD発売 舞台共演が縁で藤井隆プロデュース 作詞初挑戦…手渡しイベントも, LiSA デビュー前は女優、モデルのオーディションも受けていた「とにかく何にでも!って全部送ってた」, 真矢ミキ 所属事務所を「クビ」になった過去、転機はあの作品「スーツを借りて受けに行きました」. 経済格差とか、 (主演したドラマの役名、「... [続きを読む], » 14才の母 最終回 [塩ひとつまみ] 忠彦�... [続きを読む], » 14才の母、最終話が終わったわけですが・・・ [終わりなき旅へ] 印象的でしたよね〜。なので、名前の第一予想は「空」。第二予測は未希の「希」の字を 別に構わないという立場です。 14歳の母は現実的には考えにくいです。14歳の母はこの秋から始まるドラマのタイトルです。14歳で妊娠してしまう役の志田未来さんに注目です。14歳の母になろうとする主人公を通して命の大切さを訴え … (ウェブ上には掲載しません), » 【14才の母】第11話 最終回 [見取り八段・実0段] ■14歳の母脚本/井上由美子出演/志田未来、田中美佐子、生瀬勝久、山口紗弥加河本準一(次長課長)、三浦春馬、谷村美月、北乃きい、高畑淳子海東健、金子さやか、井坂俊哉、北村一輝、室井滋http://www.ntv.co.jp/14/第11話命ってなに?未熟児として生まれた赤ちゃんの名...... [続きを読む], » 14才の母 最終話 [ドラマの話をしてみよう] 1945年7月26日生まれ。 今後も守られてぬくぬく育っていくような気がします。 未希(志田未来)が子供につけた名前は青い空の「そら」でした。 中学2年で子供が出来てしまった女の子とその子を取り巻く家族や友達たちの物語。スタート時は全10話の予定であったところ、好評につき1話追加されての全11話となっています。 未成年の、それも中学生の妊娠というテーマを扱っていることから、当然のごとくドラマ自体への賛否両論が巻き起こり、かつて同じように未成年での妊娠をテーマに扱った学園ドラマの金字塔「3年B組金八先生」が思い出されますね。 「14歳の母」は「第44回ギャラクシー賞」、「平成19年日本民間放送連盟賞(最優秀)」受 … 結局ハッピーエンドっぽくなりましたねぇ・・・(-_-;) 悔しかったら本気でやって、おめでとうって私に言わせるのね。 [続きを読む], » 「14才の母」最終回 [トリ猫家族] とりあえず赤ちゃんが助かって良かった。 ど... [続きを読む], » 14才の母 最終話 〜志田未来 未来にみえるもの〜 [くつろぎ日記] 余談ですが田中美佐子の実娘の名前も「空」だそうで・・。グーゼンなんでしょーかね。 綺麗にまとめてくると思ってましたから これが例えば勢いだ... [続きを読む], » 『14才の母』 最終話 「涙の最終回スペシャル…命ってなに?」 [老舗ワタクシ本舗] サイトマップラス. 「子育て編」とかやったとしても、それも  そこで薬を飲んで(多分)倒れている静香を発見。病院へと運ぶ。 14才の母、とうとう最終話の放送が終了しました。 20分拡大なのである程度は期待したんですが、何か物足りなさを感じさせる最終回だったような気がします。 これから [続きを読む], 未希(志田未来)が決死の思いで産んだ赤ん坊は体重が少ないため、しばらく新生児集中治療室で育てられることになった。加奈子(田中美佐子)は、静香(室井滋)から受け取った出産祝いのことを忠彦(生瀬勝久)に話す。静香・智志(三浦春馬)親子が借金で身を隠していると知った加奈子は、胸騒ぎを覚えて静香らの居場所へ向かう。未希は懸命に搾乳した初乳を小児科医の土田(反町隆史)に届けるが、赤ん坊には飲む力がない。やがて、赤ん坊より一足先に退院することになった未希は、新生児集中治療室へ。未希は赤ん坊の容体が急変したことを知り、がくぜんとする。, そらと名づけられた未希の子は、低体重未熟児で、未希が退院の日に、初めて泣いた。その後、無呼吸発作を繰り返して不安定な状態に陥った。反町医師は、未希に頑張ってください、そらちゃんも頑張っているんだから!と、叱咤激励した。それしか出来ませんね。, 柳沢が未希を訪問。皆の噂は本当だった。未希は親の言いなりにならないで、自分を通した未気を見ていて何でも親のせいにしている自分に気づいた。これからは親のせいにしないといい、今でも未希が子供を生んだのはバカだと思うし、嫌いなのは変わらないと。, そらが退院した。2580g。初めて子供の重みと、責任を腕に感じた瞬間だった。希望も詰まっているなんてキザな台詞を吐いたけど、これで、終わらせるのは、まずいですよ。これから大変なのに。あまりに、14才が子供を生んだことの奇跡を歌っているようにしか感じませんでした。加奈子を初めとする、家族の協力が無くては、これから暮らせないわけだし、釈然としないままです。波多野まで取材のお礼とおもちゃを差し出すし、変ですね。, 刑事7人第1話 & 花咲舞が黙ってない2期第2話 & リスクの神様第2話(7.15). 子のドラマをきっかけに、話しにくいこともキチンと子供に伝えるのも、いいでしょうね。, まぁこんなものでしょうね。 命の大切さを描くなら、他の設定でもよかったように思ったりして・・。, ☆めいままさん: 小学校の教師が「君たちが大人になるまでいくらかかるか計算してみよう」という授業を [続きを読む], » 14才の母 最終話:涙の最終回スペシャル…命ってなに?  [あるがまま・・・] 役者さんたちは本当にすごくいい演技をして すごく余韻を残した終わり方だったので、 ■14才の母 「最終回」あらすじ NICU担当医・土田(反町隆史)はいい名前だと言い、呼んであげる。 14才の母・第11話(最終回)。 無事に退院できたのは良かったです。 幼い母子の運命は? WindyPost.com , 14才で妊娠し、いくつもの障害を乗り越えて遂に出産した未希(志田未来)。緊急手術で意識不明に陥った未希と未熟児として生まれてきた赤ちゃん…。幼い母子の運命は?『14才の母』公式HPより未希は保育器の中の小さな我が子に”そら”と名付けた。 もしかしたら続きがあるのかな、、とも思ったりもしますがどーなんでしょ。^^;, mari様、おはようございます。 絶対容認できない人も多いかと ... 6歳で劇団に入団、翌年にはドラマ初主演して以来、ドラマに映画に声優にと活躍している志田未来。出演ドラマは数知れ... 映画「シルク」。2008年に公開された日本、カナダ、イタリア合作の映画。 未熟児で生まれた「そら」ちゃん。(←ほぼ、ブロガーの皆さんこの名前で一致していたようです)無呼吸発作を繰り返して・・・・未希は、やっとのことで無事に生まれた子供が育つのかどうか不安で仕方なく、「そら」ちゃんの側を離れようとしませんでした。... [続きを読む], » 14才の母、最終話が終わったわけですが・・・ [終わりなき旅へ] それが人間というものなのだなあ。 『涙の最終回スペシャル…命ってなに?』 [続きを読む], » 「そらはもう重いです」と志田未来は言った。 [キッドのブログinココログ] でもテーマがテーマなだけに、それで良かったのかという疑問はありますが・・・。 最後は、智志と未希が「結婚」を前提に二人で力を合わせて「そら」と命名した赤ちゃんを育てていくということにおちつきました。基本的に「ハッピーエンド」が好きな私で... [続きを読む], » 14才の母・最終話 [めざせ生活向上!] 『14才の母』は志田未来さんが主演を務めた社会派テレビドラマです。実際に当時14歳だった志田未来さん演じる「一ノ瀬未希」が「中学生で妊娠する」というセンセーショナルな内容は大きな反響を呼び、最終回放映後も賛否両論の感想が飛び交いました。そんな14才の母は、いったいどんなあらすじのドラマなのでしょうか?今回は14才の母のあらすじを最終回までネタバレ紹介していきます。また、志田未来さんをはじめとする主要キャストも紹介しますのであわせてお楽しみください。, 志田未来さんが主演を務め、14才の少女が妊娠したことをきっかけに起こる出来事や苦悩を描いた『14才の母』。その衝撃的な内容は大きく話題を呼びました。今回は14才の母のあらすじを最終回までネタバレ紹介していきます!出演しているキャストやドラマの感想などもまとめていますので、そちらもあわせてぜひご覧ください。, 14才の母には、主演の志田未来さんをはじめ多くのドラマや映画で活躍する人気キャストが出演しています。ドラマのあらすじや最終回をネタバレ紹介する前に、志田未来さんや三浦春馬さんなどの主要キャストについて見てみましょう。, 「一ノ瀬未希(いちのせ みき)」は、この物語の主人公です。14歳の未希は名門校である聖鈴女学院に通う中学二年生。破天荒な性格をしており、さっぱりして明るい未希は友達が多い一方で、成績が悪く学校の生徒としては教師から受けが悪いようです。未希は放送部に所属しているため校内放送のMCを担当し、将来の夢は「ラジオのDJになること」だといいます。, 未希を演じるのは、実際に当時14歳だった志田未来さんです。志田未来さんは神奈川県出身の女優で、6歳で芸能活動をスタートしました。TBSドラマ『永遠の1/2』でドラマに初出演を果たし、2005年の日本テレビのドラマ『女王の教室』で演じた神田和美役で一気に名前を知られるようになりました。その他にも『探偵学園Q』『正義の味方』『小公女セイラ』など多くのテレビドラマで主役級の登場人物を演じています。, 志田未来さんは女優としての活動の他に、スタジオジブリの『風立ちぬ』や『借りぐらしのアリエッティ』などでアニメ声優を務めたこともあります。『借りぐらしのアリエッティ』では主人公であるアリエッティ役を演じ話題を呼びました。テレビドラマや映画で見せるその圧倒的な演技力と、CMやバラエティで見せる親しみやすさを併せ持つ志田未来さん。『14才の母』でも、妊娠した中学生という難しい役を等身大で演じ切りました。, 桐野智志(きりの さとし)は、有名進学校に通う中学三年生です。同じ塾に通う未希の恋人であり、年下の未希からは「キリちゃん」と呼ばれとても仲の良いカップルでした。しかし、未希が妊娠してからは生活が一変。辛い日々を送りますが、未希と共に精神的な成長を見せていきます。, 桐野智志を演じたのは、志田未来さんと同じく子役の頃から役者として活躍していた三浦春馬さんです。三浦さんは1997年にNHK朝の連続テレビ小説『あぐり』でデビュー。2006年に『キャッチ ア ウェーブ』で映画初主演を果たし、翌年公開の映画『恋空』で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞しています。その後、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』に出演し注目を集めました。現在は舞台にも挑戦するなど活躍の場を広げています。, 加奈子は未希の母親で、名門校に通わせようと学費を捻出するためにファミリーレストランでパートをしています。妊娠した未希が出産を決意した際、当初は反対していましたが、その強い意志を受けて娘を守り支えていくと決めることになります。, 田中美佐子さんは島根県出身の女優です。上京した田中さんはTBSの俳優養成所「緑山私塾」の1期生となり、テレビドラマ『想い出づくり』で女優デビューします。1982年には『ダイアモンドは傷つかない』で映画初主演を務め順調に女優業を続けていましたが一時休業。復帰後は結婚・出産などを経ながら、その確かな演技力で多くのドラマや映画、舞台などで活躍しています。, 忠彦は大手住宅販売会社に勤めている未希の父親です。最近次長に昇進したばかりのためか、会社での自分の評判をいつも気にしています。世間体のこともあって、未希の妊娠・出産には否定的です。しかし、父親として家族を想う気持ちも本物であり、妻や娘の強い覚悟を目の当たりにしてからは家族を守ることを最優先するようになります。, 少し頼りないところもある父親を演じたのは、俳優の生瀬勝彦さんです。劇団「そとばこまち」に入団し舞台俳優として活動を始め、後に深夜のバラエティ番組『週刊テレビ広辞苑』『探偵!ナイトスクープ』に出演し、コメディアンとしても名前を知られるようになります。現在は共通語と関西弁を使い分け、個性派俳優として数々のドラマや映画、舞台で活躍しています。, お昼の校内放送中に音楽をかけながら窓の外に広がる綺麗な青空を眺める「一ノ瀬未希」。ふと思い立ち、午後の授業を抜け出して向かった河原には、未希の恋人である「桐野智志」がいて、二人は仲睦まじく戯れます。翌日、未希は学校から連絡を受けた母「加奈子」から叱られてしまいます。加奈子の言うことは頭では分かっていますが、中学生らしく反抗心をもつ未希。両親はそんな姿を見て、不安に思いながらも優しく見守ります。, 学校へ行った未希は先生に謝りますが、反省させるのに丁度いいと、転校生の世話を任されてしまいました。転校生「柳沢真由那」は「大学生と付き合って妊娠し、1年休学した」という噂のある女子生徒です。そんな噂にも構わず明るく接する未希でしたが、「ガキ」呼ばわりされ突き放されてしまいます。未希は帰宅後、塾に行くようにという加奈子のメモを無視して、智志と一緒に街へ遊びに出かけます。, 遊んでいる最中に不良に絡まれ暴行されながらも逃げ出した二人は、使われていない小屋の中に辿り着き傷の手当をします。夜空を見上げていると偶然手が触れ合った二人。母の「静香」と上手く行かず、外出先でもトラブルに巻き込まれ浮かない表情の智志を見て、未希は優しく智志を抱きしめました。そして、二人に湧き上がってくる不思議な気持ち。いけないことかもしれないと思いながらも、二人は一線を越えます。, 2ヵ月後、体調に異常を感じた未希はカレンダーを見て不安に駆られます。保健体育の教書や真由那との会話で居ても立っても居られくなった未希はドラッグストアで妊娠検査薬を万引きしてしまいます。結果は「反応あり」。自分が妊娠していることを知って呆然とする未希。誰にも打ち明けられず、一人で産婦人科に行っても入り口でただ引き返してしまいました。, 一方、未希の部屋を片付けていた加奈子は、机の引き出しから妊娠検査薬を発見。パート先のファミレスに来る常連客「波多野」からも、子供との関係を煽るようなことを言われ不安になります。, とうとうそのことについて問いただすと、未希は真実を告げました。ためらう未希を引き連れて産婦人科へ行くと、たしかに未希は子供を授かっています。産婦人科医の「的場春子」は出産や中絶のリスクを説明し、親子やパートナーとよく話し合うようアドバイスをして二人を返しました。, 両親は激しく動揺し、特に父親の「忠彦」は厳しい言葉で未希を責めます。そして智志の家へ行って静香に事情を説明しますが、静香は相手にしないばかりか未希を一方的に嘘つき呼ばわりして二人を追い返しました。未希は智志と会い、お互いの気持ちを確かめ合った上で妊娠の事実を告げます。しかしすぐに受け入れられず、返事を保留にした智志。友人の「恵」からも出産を反対され、未希は一人で重い事実を悩み続けました。, 智志は出産を望みませんでした。降りしきる雨の日、中絶の手術を受けるため病院に向かう未希。相談した全員から「中絶して妊娠した事実を忘れよう」と言われ、自分が大切にされていると実感すればするほど、未希はお腹の中に宿った命を「なかったことにはできない」という思いが強くなっていきます。そして、とうとう雨の中病院から逃げ出してしまったのです。, 未希が中絶に同意しなかったことに納得のいかない忠彦と、未希をなんとか諭そうとする加奈子。加奈子は新生児室の前に未希を連れて行き、厳しい言葉で現実を突きつけます。「14才で母親になることは、周囲を全て敵に回すこと」と言われ、未希は新生児室で泣く赤ん坊を見ながら涙することしかできませんでした。学校では、恵が未希の妊娠について話を広めたため大騒ぎになり職員会議まで開かれています。, 未希が病院にいた間、忠彦から未希とはもう会わないでほしいと告げられた智志。ほとぼりが冷めるまで海外に旅行に行こうと言う静香からも「向こうも産めなかった子供の父親になんて会いたくないはず」と言われ、忠彦の泣き顔を思い出すのでした。未希と智志の事情を付け狙っていた週刊誌の記者・波多野は、二人についての記事を着々と書き上げていきます。, 友達や周りの大人たちに見放されてもなお出産を望む未希の姿を見て、加奈子は未希の覚悟を見守っていくことを決断します。学校では騒ぎが収まらず恵をはじめ多くの同級生が未希の妊娠を否定する中、真由那だけは未希のやったことを「バカだと思う」としながらも「でも他人がどうこう言う問題じゃない」と一蹴しました。そんな中、空港にいた智志がいなくなったと静香が未希の家を訪ねてきます。, 智志は二人がよく通っていた、未希の叔父「マコト」の楽器店にいました。マコトの計らいにより、智志と二人きりで話す機会ができた未希。「未希のため何ができるか答えが出るまで逃げ出せなかった」と言う智志の気持ちを受け取り「キリちゃんはなりたいものになって」と智志の将来を応援し、別れを告げます。, そしてつわりが始まった頃、未希の妊娠について書かれた記事が雑誌に掲載されました。学校の教師たちは「影響が出る前に退学を」と話し合い、未希の担任だけはどうにかそれを食い止めたい様子です。智志も特定され学校でいじめを受けますが、未希に言われた言葉を胸に登校し続けます。未希の両親は娘の心配をしながらも、14才で子供を産みたいのなら現実を受け入れろとあえて厳しい言葉で未希を励ましました。, 未希は現実的に出産を考えはじめ、産後の生活、特に金銭面についてマコトや忠彦に相談をします。恵は真由那に促され未希と再会。精神的に少し成長した未希とぎこちなくなりながらも会話し、わだかまりは解けていきました。母親学級で出会った助産師にも励ましてもらい出産に対して前向きになり始めたころ、未希の身体に異変が起こります。, 腹痛で倒れ病院に運ばれた未希は出産間近の妊婦と同室になり、改めて待ち受ける困難を痛感します。その後、予定日より一か月も早く陣痛が来てしまった未希。早期胎盤剥離と診断され、帝王切開のために大病院に運ばれていきます。一方で、会社が傾き死に物狂いで事態を立て直そうとする静香。智志は無理をする母親を助けようとしますが、「智志のため」と必死で生きてきた静香と意見が対立し、静香の元を離れてしまいました。, 担任にも救急車で運ばれた未希の事情が知らされ、教員たちは生徒たちに事実を伏せようとします。しかし「子供を産むことはどんな生徒にとっても他人事ではない」と、職員室に押しかけてきた生徒に事情を説明しました。妊娠した直後とは違い、みんなが未希と子供の無事を祈っています。そんな中、無事に生まれてきた赤ん坊。喜ぶ間もなく未希の血圧は急に低下し、命をつなぎとめるための輸血が始まりました。, 最終回に向けてのネタバレです。早産で生まれてきた未希の子供は新生児集中治療室(NICU)へと運ばれて行きます。未希は出血が治まらずとても危険な状態で、ICUで治療が始まります。忠彦は智志の元へ行き、子供も未希も助かるか五分五分の状態だから一目だけでも会いに来てほしいと懇願。しかし、智志は以前と変わってとても荒れた精神状態です。「俺が行っても何も変わらない」と、乱暴に忠彦を追い返してしまいました。, 未希は出血多量のショック症状で、手術が終わって半日以上経過しても目を覚ましません。両親は未希の代わりに、容体の安定した子供に会いに行きます。生まれてきた子供は女の子で、体重は1648g。あまりの小ささに加奈子は驚きますが、1、2ヵ月かけて2500gまで増えれば退院できると医者は言います。家族は、子供の生命力と未希の回復力を信じて待つしかありませんでした。, 学校では、生徒たちが未希と子供の心配をしています。妊娠が分かったとき未希に向けたひどい言葉を謝りたいと言う生徒たち。それを受け、担任は「人が生まれ、こうして机を合わせて勉強できることは奇跡なんだと未希は教えてくれているのかもしれない」と諭します。, 病室に現れた智志に反応したのか、ずっと眠っていた未希が目を覚ましました。自分が赤ん坊になって母親を探す夢を見ていたという未希に、加奈子は「頑張ったね」と声をかけ涙を見せます。未希が目覚める前にひっそりと部屋を去った智志は、忠彦とともに生まれてきた子供を見るためNICUを訪れました。そして小さな身体で懸命に生きようとする姿を見て何かを感じたのか、黙って病院から出ていきます。, 最終回のあらすじです。未希は、子供に「そら」という名前をつけました。いつか智志と一緒に見た、「青い空」が由来です。NICUにいるそらに届けるため搾乳しようと頑張りますが、なかなか出すことができません。やっと哺乳瓶に入れられるだけ出ても、未熟児のそらは上手く飲むことができませんでした。か弱く泣き声もあげないそらの姿に、未希は不安と焦りを覚えます。, 智志と意見が対立しながらも、保険金で息子の人生を守るため自殺を図った静香は、すんでのところで加奈子に助けられ入院します。その寝顔を見ながら「いつも朝から晩まで働き詰めで、こういう寝顔は初めて見た」と加奈子に話す智志。目を覚ました静香は助けた加奈子を責めますが、加奈子は「智志が真っすぐ強く育ったのはあなたがいたから」と自ら命を断とうとする静香を諫めたのでした。, そらの具合が悪化したことで自分を責める未希でしたが、加奈子や智志に励まされ元気を取り戻します。それと同時にそらの容体も安定。そして未希と智志の二人は、お互いの両親を呼んであることを告げます。それは、二人が「18歳になったら結婚したい」というものでした。出産は認めたが、交際を続けることは認めてないと憤る忠彦。, 静香も以前未希に話した「世の中は人と違うことをする人間には信じられないくらい冷たいものだ」という言葉をもう一度叩きつけ、「そうしているうちに結婚どころじゃなくなる」と二人の意思を否定します。それに対し未希と智志は「そらは誰にも望まれなかった子供だった」とし、「でも、周りの人間がどれだけ自分たちを大切に思っているか、懸命に生きるそらが教えてくれた」と結婚する決意は変わらないと頭を下げました。, 結局、静香なりの言葉でエールをもらった未希と智志の二人。その後、学校を辞める決断をした未希は真由那と会います。真由那は親に頼りきらず将来の決断をした未希を見て、何か思うところがあったようです。そして、ついにそらが退院する日がやってきました。生まれたときに比べればずいぶんと重くなったそらに、「みんなの愛情や未来への希望がつまっているから」という未希。, 出典: http://littlecubinkyoto.blog63.fc2.com, 仕事を頑張る智志や、新しい仕事を始め人生をやり直そうとする静香の姿も映し出されます。波多野は「取材の謝礼」と言ってそらにおもちゃをプレゼントし、「これからも三人のことを書き続ける。絶対に途中で終わらせずに面白い話にしてくれよ」と雑誌記者らしい言葉を未希に送りました。怒涛の1年を乗り越えた未希とその家族たち。最後は波多野が未希についての記事を書くシーンで幕を閉じます。以上、最終回のあらすじでした。, 過酷な現実を描きながらも、感動の最終回を迎えた14才の母。このドラマの主題歌として物語を彩り続けた楽曲が、Mr.Childrenの「しるし」です。Mr.Childrenは、桜井和寿さんがボーカルを務める国民的人気バンドで、「しるし」はドラマの放送と同じく2006年にリリースされました。, ボーカルの桜井さんがこの曲について「最高のラブソング」とコメントしている通り、14才の母でも描かれた「男女の愛」「親子の愛」「家族の愛」など、聴く人によって色々な形の「愛」を感じられる一曲となっています。, 中学の保健体育で避妊方法等について教育しているってことは、中学生でありながら妊娠してしまう子が少なからずいるってことなんよなぁ昔「14才の母」っていうドラマあったけど、今改めて考えてみるととんでもない内容だったんだな, 若年妊娠はドラマの中の出来事だけではなく、現実にも中高校生で妊娠・出産を経験している女性がいます。倫理的な観念のみならず、金銭面や身体的なリスクなど現実的な困難が多く立ちはだかるこの問題。筋書きのあるドラマでは「ハッピーエンド」を用意することもできますが、美談のように描きすぎるのはよくないという意見も少なからずあるようです。, 14才の母か。これは絶対アカンドラマ。ハッピーエンドにするな!

グラブル グラム, 入浴剤 デザイン, コーヒー ドリップ おしゃれ, 冨岡義勇 画像 高画質, タオル デザイン アプリ, フィードバックした 英語, 伊藤健太郎 明星小学校, 重要 類語, ヤコブ ジェイコブ, 小川範子 ライブ, Intensive Care Bed 意味, グッドモーニング アナウンサー 新井, 宇多田ヒカル 英語の歌, きっかけ 類語, 中村さんちの自宅から 33, エヴァンゲリオン映画 Youtube いつまで, 綿密 対義語, インフルエンザウイルス 変異速度, 振込明細書 みずほ, 精緻 類語, 看護師 注射 法律, 開成高校 入試,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

テスト