札幌駅 スーパーとかち 乗り場

札幌駅北口団体バス乗り場案内図.



スーパーとかちの時刻表や乗換案内を調べるならこちら。スーパーとかちの停車駅一覧もサポート。現在の路線の遅延などの運行状況もお知らせ。初めて乗る電車の場合にお役立てください。 札幌駅北口団体バス乗り場案内図. はじめに特急スーパーとかちの特徴を見てみましょう。 以下の順番で紹介していきますね。 特急スーパーとかちとは?停車駅は札幌から帯広です! 1日に何本? 停車駅. 札幌駅は北海道の鉄道の中心ということもあり、各方面への特急列車の始発駅となっています。 特に朝の時間6時35分発のライラック1号から8時30分発のライラック5号までの間が、函館本線・千歳線それぞれの方面へ特急列車が出発していくの駅で写真を撮っていてとても楽しい時間だと思います。 js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.7";

特急スーパーとかちは、札幌と帯広間を結ぶ特急列車です。停車駅は、札幌駅、新千歳駅、南千歳駅、追分駅、新夕張駅、占冠駅、トマム駅、新得駅、十勝清水駅、芽室駅、帯広駅です。1号車から5号車の座席表・座席図。 jr札幌駅北口広場(地上階) jr札幌駅北口地下歩道. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 札幌駅は北海道の鉄道の中心ということもあり、各方面への特急列車の始発駅となっています。, 特に朝の時間6時35分発のライラック1号から8時30分発のライラック5号までの間が、函館本線・千歳線それぞれの方面へ特急列車が出発していくの駅で写真を撮っていてとても楽しい時間だと思います。, 283系気動車がまだ現役でまだ多く走っています。最近では一部の列車が新型の261系に置き換えられているので今後の動きが気になります。, 札幌と函館という北海道の2大都市を結ぶ特急でビジネス客や観光客など多くの人の足として活躍しています。, グリーン車にかつて北斗で使用されていたハイデッカー車両が使われたり、前面展望が見られたり、遠軽で方向転換を行うため乗客自身で座席の転換を行うなど特徴のある特急です。, //
おおぞらは、北海道旅客鉄道(JR北海道)が札幌駅 - 釧路駅間を函館本線・千歳線・石勝線・根室本線経由で運行する特急列車である。, 本項では、同じく函館本線・千歳線・石勝線・根室本線経由で、札幌駅 - 帯広駅間を運行する特急「とかち」と、根室本線で運行されていた優等列車の沿革についても記述する。, 特急「おおぞら」は1961年(昭和36年)10月1日に実施されたサンロクトオのダイヤ改正において、北海道初の特急列車として函館駅 - 旭川駅間(室蘭本線・千歳線経由)で運行を開始した[1][2][3][4]。当時としては珍しい、小樽駅を経由しない運行形態が採られ、函館駅 - 札幌駅間の優等列車における主要な運行経路が山線(函館本線・小樽駅経由)から海線(室蘭本線・千歳線経由)へ大きく転換される契機を作った列車である。なお、運行開始当時の函館駅 - 旭川駅間の途中停車駅は東室蘭駅・苫小牧駅・札幌駅で、主要都市と観光地のみに停車するようになっていた。観光シーズンには洞爺駅・登別駅にも停車していた。, 1962年(昭和37年)10月1日に釧路発着編成の連結を開始し[5][3][4]、1967年(昭和42年)3月1日には旭川発着編成が分離されて函館駅 - 釧路駅間(室蘭本線・千歳線経由)の運行となった[3]。1970年(昭和45年)10月1日には、函館駅 - 釧路駅・網走駅間で運行されていた特急「おおとり」の釧路発着編成を統合し[6][4]、1972年(昭和47年)3月15日には「北斗」の1往復を延長して「おおぞら」に 統合し、再度旭川発着編成を連結するようになった。1980年(昭和55年)10月1日には5・4号の運行区間を札幌駅 - 釧路駅間とし、3・2号の旭川発着編成が再度廃止された。, 1981年(昭和56年)10月1日には全列車が石勝線経由に変更され[7][3][新聞 1]、1985年(昭和60年)3月14日に「まりも」の昼行列車が特急格上げとともに統合され、札幌駅 - 帯広駅間で2往復増発された。1986年(昭和61年)11月1日には全列車が札幌駅発着に統一された[3][4]。1990年(平成2年)9月1日に、帯広駅発着の列車は「とかち」に改称された[8]。, 1997年(平成9年)3月22日には、新型車両である283系気動車を投入した「スーパーおおぞら」が運行を開始[7]。2001年(平成13年)7月1日のダイヤ改正後は、昼行定期全列車が283系「スーパーおおぞら」に統一された[報道 1][3]。夜行便の「おおぞら」13・14号は「まりも」として分離され[報道 1][3]、183系気動車で残っていたが、この「まりも」は2008年(平成20年)8月31日付で廃止された[8][報道 2][報道 3][報道 4]。この時から2020年3月13日までは札幌駅 - 釧路駅間を結ぶ特急列車が283系「スーパーおおぞら」のみとなっていた。, 2020年3月14日のダイヤ改正より「スーパーおおぞら」は「おおぞら」に再び改称され、一部列車については261系1000番台での運転となっている。, 「おおぞら」の列車名は、北海道の大地の上に広がる大きな空をイメージしたものである[3]。なお、JRA札幌競馬場で開催される「おおぞら特別競走」は、この列車名を由来にしている。, 特急「とかち」は1990年(平成2年)9月1日の特急「おおぞら」の増発に伴い、同列車の札幌駅 - 帯広駅間で運転される列車を分離するかたちで運転を開始した[9]。当初は運転区間の短さから普通車のみで運行されたが、その後新得周辺でのリゾート開発による利用者増加を見込み「とかち」の増発を検討しリゾート特急の新設については投資額の大きさから見送られ、定期列車をリゾート化し一般移動客とともにリゾート客や小口団体の対応を可能とする形とし、列車全体をリゾート化するにあたりシンボル的な車両の投入を図るべくグリーン車のない「とかち」でリニューアル計画が進められることとなった[10]。, 1991年(平成3年)7月27日よりアコモデーション改良車が投入され2階建車両キサロハ182形が連結されるようになり、列車名が「スーパーとかち」に変更され、「とかち」は一旦廃止された[10]。1997年(平成9年)3月22日には特急「スーパーおおぞら」の運転開始に伴い、キハ183系(N・NN183系)が投入され、この車両を使用する列車が「とかち」に変更された。, しかし、2000年(平成12年)3月11日には「とかち」系統に283系気動車が投入されると、283系で運転される列車が「スーパーとかち」となり、183系で運転される列車は2階建車両の有無を問わず全て「とかち」に変更された。2007年(平成19年)10月1日からは「とかち」の一部に261系1000番台が投入され、「スーパーとかち」に置き換えられた。さらに2009年(平成19年)10月1日には261系1000番台が増備されて183系が定期運用から撤退したため、列車名が「スーパーとかち」に統一され、「とかち」は廃止された。2013年(平成25年)11月1日のダイヤ変更で283系が撤退し、以降は全列車261系1000番台での運転となっている。また、2020年3月14日のダイヤ改正において「スーパーとかち」全列車が「とかち」に改称し、「とかち」の名称が復活した。, 「とかち」の列車名は、帯広市を支庁所在地とする北海道の十勝支庁または、十勝国から採られている。, 2020年3月14日現在、「おおぞら」は札幌駅 - 釧路駅間で1日6往復、283系気動車運用では最高速度110 km/h 、261系気動車運用の列車では最高速度120 km/h で運行されている。所要時間は最速3時間台が上り1本のみ、以外は4時間台である。2013年(平成25年)10月31日までは283系気動車を使用した「スーパーおおぞら」が1日7往復、最高速度130 km/h、3時間40 - 50分台(最速は3時間35分)で運行されていたが、後述する脱線火災事故の影響により、同年11月1日からは最高速度を110 km/hに減速し、減便が行われている。, 「とかち」は1日5往復で、札幌駅 - 帯広駅間を2時間40分前後で運転している。「おおぞら」とは異なり、札幌駅 - 帯広駅間の都市間輸送を担っている。, なお、冬季間(例年11月下旬から翌春の雪解け時期まで)は、車両に付着した雪氷が走行中に落下し、線路のバラストを跳ね上げる事故を防止するため、一部の通過駅で減速運転を実施する。この影響で、定刻ダイヤから数分程度の遅延が生じる。, 札幌駅 - 新札幌駅 - 南千歳駅 - (追分駅) - (新夕張駅) - (占冠駅) - トマム駅 - 新得駅 - (十勝清水駅) - (芽室駅) - 帯広駅 - 池田駅 - (浦幌駅) - (白糠駅) - 釧路駅, おおぞらは2020年(令和2年)3月現在、283系気動車、261系気動車(1000番台)で運転されている。6両編成での運転が基本となる。283系は4号車、261系は2号車にバリアフリー対応設備が設置されている。, スーパーおおぞら時代の冬季は増結が常態化しており、283系気動車がデビューした1997年は、所定編成より3両増結した9両編成での運行が常態化していた[12]。繁忙期には最大で11両編成で運転されることもあった[注釈 2][14]。増結車両は基本的に座席指定席であった。また、グリーン車から先に満席となる傾向が強く、グリーン車を増結(増3号車)することもあった[15]。, ホーム有効長の短い駅では1 - 2両程度がホームにかからずドアカットを行うため、乗客は別の車両より乗り降りすることがあった。増結があっても、自由席車の連結位置は必ず札幌寄りの2両となる。, とかちは札幌運転所所属の261系1000番台が使用されている。2018年(平成30年)3月17日以降、所定編成は4両編成で運転されており、1号車がグリーン車指定席、2 -3号車が普通車指定席、4号車が普通車自由席である。1号車に多目的室、2号車にはバリアフリー対応設備が設置されている。, 多客期などには普通車指定席が増結されることがあり、その都度普通車自由席の号車は変わる。ただし、どのような場合であっても、普通車自由席は常に編成の札幌方に設定される。, 2011年(平成23年)5月27日に発生した「スーパーおおぞら14号」の脱線・火災事故(石勝線特急列車脱線火災事故)[報道 5][報道 6][新聞 2][新聞 3]以降、2013年(平成25年)にかけても車両故障等のトラブルが後を絶たなかったことから、同年11月1日に車両の走行負荷抑制・メンテナンス時間確保などを目的に減速・減便が行われた[報道 7][報道 8]。, トラブルの背景として、日本国内の在来線では屈指の過酷な走行条件を強いられる列車であり、特に冬期間の運行が車両へ与える負荷が比較的高いことが指摘されている。平野部での最高速度130 km/hの高速運転や山岳区間での連続勾配登坂、急曲線前後での加減速の繰り返しによるエンジンや変速機など動力機器への負荷に加え、下り勾配区間での連続制動、またエゾシカなど野生動物が多く生息する区間での接近・衝突事故に伴う急制動の繰り返しにより、ブレーキや車輪など足回り機器へ掛かる負荷も高い。さらには冬期間の寒暖差の大きさ(酷寒の道東と比較的温暖な道央を結ぶほか、冬でも暖かいトンネル内と極寒の屋外との出入りにより車体に付着した水分が凍解結を繰り返す)などの要因が挙げられるが、それらに見合ったメンテナンス時間・体制の確保が必ずしも十分ではなかったとの指摘もなされている[17]。, 年末年始には臨時列車として「とかち」81・82号が運行される。停車駅は「スーパーとかち」と同じだが、車両性能に差があるため、定期列車を待避するダイヤを組むことが多い。2010年に運行された82号は千歳線内で快速「エアポート」143号を待避し、81号は後続の「スーパーおおぞら」5号を待避するダイヤとなった[18][注釈 3]。なお、2011年は「おおぞら」81・82号として運転されたため、同列車は運転されなかった。, 冬季のスキーシーズンには札幌駅 - 新得駅間で「トマムサホロスキーエクスプレス」が運行されていた。車両は「クリスタルエクスプレス トマム & サホロ」または「ノースレインボーエクスプレス」が使用されたが、2011年冬シーズンを最後に運行されていない。, 1986年(当時は「おおぞら」としての運行)に帯広空港と丘珠空港を結ぶ航空路線が廃止され、鉄道が航空機を追い出した例として挙げられている[19]。釧路 - 札幌間の都市間バスの運行本数が少ないこともあり、1997年の「スーパーおおぞら」運転開始以降は一貫して高い乗車率を誇る。年間を通じて増結が常態化しており、特に利用が多い大型連休・お盆・年末年始を中心とした冬期間は、最大11両編成で対応している。, しかし近年では、道東自動車道の延伸や都市間バスの増発、さらには前述した本列車の減便・減速の影響により、鉄道の優位性は徐々に低下しつつある。, 2017年(平成29年)2月1日からインターネット予約サービス「えきねっと」による予約限定で、新サービス「えきねっとトクだ値(ね)」の受け付けを開始した。割引対象となる列車や座席数が限定されているものの、特急「スーパーおおぞら」・「スーパーとかち」に高速バスとほぼ同額の運賃で乗れるようになる。通常運賃からの割引率は「スーパーおおぞら」が40%と15%、「スーパーとかち」が45%と20%の計4種。「スーパーとかち」が2月2日から、「スーパーおおぞら」が3月4日から通年で利用できる[報道 9][新聞 4]。, 1962年(昭和37年)2月1日に札幌駅 - 帯広駅間の急行「十勝」(とかち)として運行を開始した[8]。1968年(昭和43年)10月1日に「狩勝」に統合され、廃止された[8]。, その後、1986年(昭和61年)11月1日に廃止した「狩勝」1往復の代替として、旭川駅・滝川駅 - 帯広駅間(富良野線経由)を運行する快速列車として「十勝」の愛称が復活。1990年(平成2年)9月1日には特急「おおぞら」の帯広発着列車を分離する形で、特急「とかち」が運行を開始した[8]。同時に、快速「十勝」は快速「狩勝」の旭川発着列車となった。, 列車名は帯広市が所在する十勝支庁(現在の十勝総合振興局)や十勝国、十勝平野が由来となっている。, 1949年(昭和24年)9月15日に函館駅 - 釧路駅間(函館本線・根室本線経由)で運行を開始した夜行急行3・4列車を起源とする列車で[報道 2]、札幌駅 - 釧路駅間を準急列車として運行する珍しい運行方式を採用した。1950年(昭和25年)10月1日に運行区間を函館駅 - 根室駅間(函館本線・根室本線経由)に延長し、函館駅 - 釧路駅間は急行列車、釧路駅 - 根室駅間は普通列車として運行されていた。1951年(昭和26年)4月1日に「まりも」の列車名が与えられた[8][報道 2]。, 1961年(昭和36年)10月1日には運行区間を函館駅 - 釧路駅間に短縮[8]。さらに1965年(昭和40年)10月1日には函館駅 - 札幌駅間が急行「ていね」として分離され[20]、札幌駅 - 釧路駅間の夜行急行列車となった[報道 2]。1968年(昭和43年)10月1日に「狩勝」に統合され、廃止された[8][報道 2]。, 1981年(昭和56年)10月1日の石勝線開業に伴い[7][新聞 1]、急行「狩勝」のうち札幌駅 - 帯広駅間の昼行列車1往復と札幌駅 - 釧路駅間の夜行列車1往復が石勝線経由に変更され、「まりも」に改称された[8][報道 2]。1982年(昭和57年)11月15日には夜行列車に14系客車が導入される。1985年(昭和60年)3月14日には昼行列車が特急「おおぞら」に統合され、札幌駅 - 帯広駅間の臨時急行「まりも」51・54号を廃止。夜行列車も1993年(平成5年)3月19日に夜行特急「おおぞら」13号・14号として編入され、再び廃止された[3][8][報道 2]。, 2001年(平成13年)からは札幌駅 - 釧路駅または根室駅間の夜行特急として3度目の運行を開始したが、2007年(平成19年)に臨時列車化された後、2008年(平成20年)に廃止された。, 1961年(昭和36年)6月15日に、函館駅 - 根室駅間(函館本線経由)を毎日運行する季節列車として、急行「狩勝」が1往復(下り2号・上り1号)増発された。同年10月1日にこの1往復が定期列車化され、運行経路を函館駅 - 釧路駅間(室蘭本線・千歳線経由)に変更したうえで急行「摩周」(ましゅう)に改称された[8]。ダイヤ上は従来の気動車急行「アカシヤ」を延長する形態が採られ、稚内発着(宗谷本線経由)の急行「宗谷」・網走駅発着(石北本線経由)の急行「オホーツク」を連結した多層建て列車として運行された。, 1964年(昭和39年)10月1日、「オホーツク」とともに函館駅 - 釧路駅・網走駅間の特急「おおとり」として統合され、廃止された[1][21][22][8][6][23][4]。, 列車名は阿寒国立公園の摩周湖が由来となっている。なお、「摩周」は本列車以前にも、釧路駅 - 網走駅間などで運転されていた準急列車の名称として使用されていた。こちらについてはしれとこ摩周号の項目を参照されたい。, 1963年(昭和38年)6月1日に札幌駅 - 根室駅間の急行「阿寒」(あかん)として運行を開始した[8]。1968年(昭和43年)10月1日に「狩勝」に統合され、廃止された[8]。, 1962年(昭和37年)4月1日に帯広駅 - 釧路駅間を運行する準急列車として運行を開始した[21][8]。1962年(昭和37年)5月1日に使用車種が気動車に変更され、1966年(昭和41年)3月5日には準急制度の改変に伴い、急行列車に格上げされた[8]。1980年(昭和55年)10月1日に廃止された。, 1985年(昭和60年)3月14日に、帯広駅→釧路駅間の快速列車として「ぬさまい」の愛称が復活したが、この列車も1998年(平成10年)4月11日に廃止された。, 1959年(昭和34年)9月22日に釧路駅 - 根室駅間の準急列車として運行を開始した[8]。当初は単行で1往復のみだったが、1961年(昭和36年)10月1日に2往復に増便され、2両編成での運行となった。1966年(昭和41年)3月5日には準急列車制度の改変に伴い、急行列車に格上げされた[8]。, 1972年(昭和47年)3月15日には急行「狩勝」の(下り)2号の釧路駅→根室駅間を分離する形で下り1本増発し、下り3本・上り2本となる。また、下り1本にグリーン車を連結。1981年(昭和56年)10月1日には1往復が廃止され、グリーン車の連結も終了した。, 1984年(昭和59年)2月1日には急行「狩勝」上り1本の根室駅→釧路駅間を分離する形で下り1本が増発され、再度2往復となるが、1986年(昭和61年)11月1日には1往復が廃止され、1往復となった。1989年(平成元年)5月1日に快速列車に降格し、急行「ノサップ」は廃止された[8]。, カムイ - ライラック - すずらん - 快速・特別快速エアポート - 道央都市間連絡優等列車沿革, 北斗 - 快速はこだてライナー - 道央対道南優等列車沿革 - 函館本線小樽駅経由優等列車の沿革, 『特急おおぞら&北海道の特急列車』 1頁では11両編成運行時の画像が掲載されている, 82号は南千歳14:19発→札幌15:04着と45分で走破するのに対し、快速は同区間を14:22発→14:55着と33分で運行。, これにより、183系「とかち」の最高速度が110km/hから120km/hに引き上げられ、一部列車で所要時間の短縮が図られた。, キハ183系車両は、最終日は札幌発帯広行きの「とかち」3号と、帯広発札幌行きの「とかち」2号、「とかち」6号で運転。「とかち」としての最終列車となった「とかち」9号は、翌日運転開始となる「スーパーとかち」2号の送り込みを兼ねて、261系1000番台での運転となった。, ただし、2017年7月-同年9月の特定日による沿線の自治体や観光協会(新得町・池田町・本別町・陸別町・足寄町の沿線5町)による車販がJR北海道側から使用料金なしで提供された, 列車追跡シリーズ361 2階建て車両連結でリゾート特急を志向 北海道を駆けるスーパーとかち - 鉄道ジャーナル1991年11月号, 古山善之助『蒸機全盛時代の国鉄の特急・急行列車Ⅳ』プレス・アイゼンバーン『レイル』No.18 1986年10月、74頁, 古山善之助『蒸機全盛時代の国鉄の特急・急行列車Ⅳ』プレス・アイゼンバーン『レイル』No.18 1986年10月、77頁、81頁, 古山善之助『蒸機全盛時代の国鉄の特急・急行列車Ⅳ』プレス・アイゼンバーン『レイル』No.18 1986年10月、81頁, 「長大列車」は人気のしるし*スーパーおおぞら*基本の6両を9両編成に*連日、車両を増結*札幌-釧路, 幕別町広報誌「スマイルタウンまくべつ」釧路発札幌行特別急行おおぞら2号幕別駅に臨時停車, http://web.archive.org/web/20020613013510/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2001/daikai.html, http://web.archive.org/web/20080916055412/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2008/080418-1.pdf, http://web.archive.org/web/20150624135859/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2008/080715-1.pdf, http://web.archive.org/web/20150624135657/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2008/080825-2.pdf, “石勝線 清風山信号場構内で発生した列車脱線事故について(2011年5月28日)”, http://web.archive.org/web/20110902125356/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/110528-1.pdf, “石勝線 清風山信号場構内で発生した列車脱線事故について(2011年5月31日)”, http://web.archive.org/web/20110617080555/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/110531-1.pdf, http://web.archive.org/web/20130921053616/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130904-1.pdf, http://web.archive.org/web/20130921053935/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130920-1.pdf, http://web.archive.org/web/20161216091730/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161216-2.pdf, http://web.archive.org/web/20051211134727/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2005/050914-3.pdf, http://web.archive.org/web/20000511205659/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/pressdaiya.html, http://web.archive.org/web/20030408104825/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2000/shindairyokin.html, http://web.archive.org/web/20050307224742/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2004/041015-2.pdf, http://web.archive.org/web/20051230090557/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2005/051222.pdf, http://web.archive.org/web/20061227220215/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2006/061213-1.pdf, http://web.archive.org/web/20070927213043/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070711-1.pdf, “2月16日発生 スーパーおおぞら12号の車両不具合(ブレーキ部品の脱落等)の調査状況について”, http://web.archive.org/web/20090407091730/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090309-2.pdf, http://web.archive.org/web/20090419054329/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090408-2.pdf, http://web.archive.org/web/20110916140330/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090910-1.pdf, http://web.archive.org/web/20131202225346/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090708-1.pdf, http://web.archive.org/web/20091229005459/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/091117-1.pdf, http://web.archive.org/web/20091228223621/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/091120-1.pdf, http://web.archive.org/web/20091229041351/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/091216-2.pdf, http://web.archive.org/web/20150624133908/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2010/100408-1.pdf, http://web.archive.org/web/20131110204657/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2010/101129-1.pdf, http://web.archive.org/web/20101226005733/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2010/101215-2.pdf, http://web.archive.org/web/20150624132812/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/110404-1.pdf, http://web.archive.org/web/20110808125116/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/110620-1.pdf, http://web.archive.org/web/20131103063108/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111013-2.pdf, http://web.archive.org/web/20150624132042/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111122-1.pdf, http://web.archive.org/web/20150624132024/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111212-1.pdf, http://web.archive.org/web/20140714201155/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111125-1.pdf, http://web.archive.org/web/20120312114547/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/120108-1.pdf, http://web.archive.org/web/20121116102208/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/121009-1.pdf, http://web.archive.org/web/20120323200648/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/120229-1.pdf, http://web.archive.org/web/20150624131029/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/121121-1.pdf, http://web.archive.org/web/20121203022757/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/121121-2.pdf, http://web.archive.org/web/20130717064209/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/121202-1.pdf, http://web.archive.org/web/20130419014352/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130412-2.pdf, “7月15日 特急スーパーおおぞら3号の3号車配電盤から出火したトラブルの概要について”, http://web.archive.org/web/20130810030542/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130715-1.pdf, “7月15日発生 特急スーパーおおぞら3号の配電盤から出火したトラブルの原因と対策について”, http://web.archive.org/web/20150624130418/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130809-1.pdf, http://web.archive.org/web/20140714120928/http://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/130716.pdf, http://web.archive.org/web/20130810030453/http://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/130718.pdf, http://web.archive.org/web/20130810011710/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130724-1.pdf, http://web.archive.org/web/20130805022253/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130731-1.pdf, http://web.archive.org/web/20130902025826/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130806-1.pdf, http://web.archive.org/web/20150624130403/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130823-2.pdf, http://web.archive.org/web/20130921053420/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130828-1.pdf, https://web.archive.org/web/20131103204155/http://mainichi.jp/select/news/20130921k0000m040081000c.html, http://web.archive.org/web/20131224105741/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/131220-1.pdf, http://web.archive.org/web/20140714153703/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140704-1.pdf, http://web.archive.org/web/20150212175733/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150212-1.pdf, http://web.archive.org/web/20160221091407/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160219-1.pdf, http://web.archive.org/web/20160902120839/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160902-2.pdf, http://web.archive.org/web/20160907120552/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160907-1.pdf, http://web.archive.org/web/20160926070312/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160926-3.pdf, http://web.archive.org/web/20161214051509/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161214-1.pdf, “札幌〜帯広・釧路間(石勝線・根室線)特急列車運転再開キャンペーンの実施について”, http://web.archive.org/web/20161216091733/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161216-1.pdf, http://web.archive.org/web/20170202061136/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170202-1.pdf, https://web.archive.org/web/20170625111050/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170614-2.pdf, https://web.archive.org/web/20171215163747/https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/171215-1.pdf, https://web.archive.org/web/20181214160232/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181214_KO_H31Kaisei.pdf, https://web.archive.org/web/20191213082940/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20191213_KO_kaisei.pdf, https://web.archive.org/web/20200312044240/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200311_KO_COVID-19.pdf, https://web.archive.org/web/20200312044214/https://www.jrhokkaido.co.jp/korona/pdf/20200311_KO_koronagennbinngennsha.pdf, https://web.archive.org/web/20200331082616/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200331_KO_Genbin.pdf, https://web.archive.org/web/20200415070245/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200415_KO_COVID-19.pdf, https://web.archive.org/web/20200520063722/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200520_KO_Genbin%20june.pdf, https://web.archive.org/web/20200610055423/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200610_KO_AP%20Saikai.pdf, https://web.archive.org/web/20201014052410/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201014_KO_kaisei.pdf, http://web.archive.org/web/20151018130401/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090263563, http://web.archive.org/web/20110530004644/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110529k0000m040119000c.html, http://web.archive.org/web/20110601235444/http://www.tokachi.co.jp/news/201105/20110529-0009334.php, http://web.archive.org/web/20161221093607/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0350292.html, http://web.archive.org/web/20150726131137/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090166023, “根室本線特急脱線*JR、故障放置*昨年8月に発見…未修理*風速データ分からず*釧路支社”, http://web.archive.org/web/20150726131350/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090166044, http://web.archive.org/web/20150726131441/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090166061, http://archive.is/2011.06.14-151556/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110613-OYT1T00546.htm, http://web.archive.org/web/20130717151736/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130717/dst13071711460002-n1.htm, http://archive.is/2012.09.22-100808/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120921-OYT1T00737.htm, https://web.archive.org/web/20140704031321/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/549202.html, http://web.archive.org/web/20160831043534/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0310811.html, http://web.archive.org/web/20160902123556/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0311074.html, http://web.archive.org/web/20160908073656/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0313644.html, http://web.archive.org/web/20160908071215/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0313731.html, http://web.archive.org/web/20160909091538/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0313966.html, http://web.archive.org/web/20161005170631/http://railf.jp/news/2016/09/09/160000.html, http://archive.is/2016.10.02-104250/http://response.jp/article/2016/10/02/282813.html, http://archive.is/2016.12.14-014727/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00010000-doshin-hok, “JR北海道、トマム〜芽室間は12/22運転再開 - JR貨物も貨物列車の運転再開へ”, http://web.archive.org/web/20161214142706/http://news.mynavi.jp/news/2016/12/14/495/, http://web.archive.org/web/20161222080302/http://www.asahi.com/articles/ASJDQ30WRJDQIIPE006.html, http://web.archive.org/web/20161223173111/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0351131.html, http://web.archive.org/web/20161223141809/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0351401.html, http://archive.is/2017.02.02-235149/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00010000-doshin-hok, https://web.archive.org/web/20170615140425/http://news.mynavi.jp/news/2017/06/15/308/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=おおぞら_(列車)&oldid=80427355, 「とかち」は札幌駅 - 帯広駅間の運転。カッコの駅を含め、同区間の記載駅全てに停車する。, 「おおぞら」は札幌駅 - 釧路駅間の運転。カッコの駅には一部の列車が停車する。一部列車停車駅に停車する「おおぞら」は次のとおり。, 10月1日:「狩勝」のうち1往復を特急「おおぞら」に格上げする形で、「おおぞら」に釧路発着編成を連結開始, 「おおぞら」のうち、5・4号は札幌駅 - 釧路駅間とし、3・2号の旭川発着編成を廃止。これ以降「おおぞら」の滝川以北乗り入れはなくなる。, 小樽駅 - 釧路駅間運行の夜行普通列車「からまつ」廃止に伴い、代替として夜行「狩勝」に普通車自由席を連結。, 「おおぞら」全列車を石勝線経由に変更し、1往復を除き札幌駅 - 釧路駅間の運行とする, 「狩勝」のうち、札幌駅 - 帯広駅間運行の列車と札幌駅 - 釧路駅間運行の夜行列車を石勝線経由に変更し、石勝線経由の急行を「まりも」に変更, 「ノサップ」のうち1往復が廃止され、下り2本・上り1本に。また、同列車のグリーン車連結が終了。, 「狩勝」の1往復に旭川駅発着列車(富良野線経由)を再び連結。ただし、富良野線内は普通列車とする。, 「狩勝」の根室駅→札幌駅間上り1本のうち、根室駅→釧路駅間を「ノサップ」として分離。「ノサップ」は2往復となる。これに伴い、定期列車としては根室本線全線を運行する優等列車は消滅する。, 「狩勝」の札幌駅 - 釧路駅間運行の1往復を札幌駅 - 帯広駅間に短縮し、帯広駅 - 釧路駅を普通列車に格下げ。, 「まりも」の昼行列車を特急に格上げして「おおぞら」に統合し、札幌駅 - 帯広駅間で2往復増発。「おおぞら」は6往復体制となり、札幌駅 - 帯広駅間1往復に82系が復活する。, 「おおぞら」を札幌駅 - 釧路駅間で1往復増発。札幌駅 - 帯広駅間の1往復を釧路駅発着に延長する。函館駅発着を廃止し、札幌駅発着に統一する, 付随車を連結するため、当初高出力のキハ182形550番台2両を含む6両編成で運行された。のちに同車の他列車転用に伴い、キハ183形0番台およびキハ182形0番台を出力増強改造し、200番台として充当した。, 改良型キハ183系(N・NN183系)の編成による、2階建車両を連結しない列車を「とかち」とする。, キロ182形500番台は「おおぞら」と「とかち」の分離以来の石勝線復帰。使用車両は「おおぞら」は釧路方がキハ183形1500・1550番台、札幌方がキハ183形500番台、中間車0番台、「スーパーとかち」は両端キハ183形200番台、中間車キサロハ182形と0・200番台、「とかち」は両端キハ183形1500・1550番台、中間車が500番台。, 2往復に減った183系「おおぞら」に、キサロハ182形を連結。2階建車両連結「とかち」とともに釧路方がキハ183形200番台、札幌方が500番台となった。, 「おおぞら」の昼行全列車が「スーパーおおぞら」に統一され、全列車3時間台で運転されるようになる, 白糠駅停車列車を5往復に増やし、「スーパーおおぞら」1往復(9・10号)を新たに停車させる。, 「スーパーとかち」(基本編成5両)を2往復に増発。「とかち」は4往復になり、2階建車両の全列車連結を終了。使用車両は帯広方がキハ183形200番台、札幌方が1500・1550番台または500番台、中間車は混用。, 札幌駅 - 帯広駅間の「スーパーとかち」7号・「とかち」4号を釧路駅発着に延長し、「スーパーおおぞら」を1往復増発。, 「スーパーおおぞら」の釧路発札幌行き始発を7時台から6時台に、札幌行き最終を18時台から19時台に変更。, 4月:「スーパーとかち」用の261系1000番台にグレードアップ指定席を導入開始。同年秋までに完了, 「スーパーとかち」と「スーパーおおぞら」2・13号の基本編成が6両となる。「スーパーおおぞら」13号の運転時刻を繰り上げる。, 「とかち」として残っていた2往復(下り3・9号、上り2・6号)に261系1000番台が追加投入され、列車名を「スーパーとかち」に統一。キハ183系車両での定期列車としての運転を終了, 10月:「スーパーおおぞら」3往復(1・7・9号、上り6・8・14号)の基本編成が6両に戻される, 「スーパーおおぞら」の1往復を減便(札幌発釧路行きの「スーパーおおぞら」13号と釧路発札幌行きの「スーパーおおぞら」14号の運行を取りやめ)。, 「スーパーおおぞら」の最高速度が110km/hに引き下げられ、所要時間が平均で従来より20分長い4時間11分、最速列車で3時間59分となる。なお、当初はダイヤ修正により、「スーパーとかち」も最高速度を120km/hに引き下げる予定であったが、最終的には見送られている, 釧路発札幌行きの「スーパーおおぞら」2号の時刻を7時台から6時台に繰り上げ、札幌発釧路行きの9号の時刻を16時台から17時台に繰り下げる。さらに、12号の所要時間を約10分短縮する。, 「スーパーおおぞら」12号が追分駅・新夕張駅・占冠駅・十勝清水駅・芽室駅を通過し、2号が占冠駅・十勝清水駅・芽室駅に停車するようになる。, 「スーパーおおぞら」2号から「スーパー北斗」8号、「スーパーおおぞら」12号から「スーパーカムイ」45号へ接続できるようになる。, 「スーパーとかち」の最高時速を120km/hに引き下げ、261系の車体傾斜装置を停止する, 10月1日:特急「スーパーとかち」の代替として、追加設定でトマム駅 - 新得駅間も代行バスを設定する。途中、十勝清水駅に停車する, 運転再開に伴い、2017年(平成29年)1月5日から2月28日にかけて、往復JRと宿泊がセットになった特別価格の旅行商品が発売されたほか、「スーパーおおぞら」・「スーパーとかち」の利用者を対象としたキャンペーンが実施された, 「スーパーとかち」1・4号、「スーパーおおぞら」3・4号におけるトマム駅 - 帯広駅の運転時刻を見直し, 「スーパーおおぞら」4号のトマム駅臨時停車を通年で停車駅とする。これにより、「スーパーおおぞら」・「スーパーとかち」全列車がトマム駅に停車。, 「とかち」上下各2本(1・2・9・10号)の運休を同年5月31日まで継続。また、同年5月16日より、「とかち」4・5号を追加運休。, 「とかち」上下各3本(1・2・4・5・9・10号)の運休、および「おおぞら」の減車を当面の間継続。, 同年6月14日より、「おおぞら」上下各3本(2・3・5・8・10・11号)を4両編成に減車。.

エミリートーマス 女優, 内博貴 プロフィール, 中村倫也 生田斗真 仲良し, エヴァ 二号機 暴走, 鱗滝左近次 モンスト, フレンチプレス コーヒー 捨て方, 激しい 英語 使い分け, 錦戸亮 好きなタイプ 2019, トップページ 言い換え, コードブルー3 最終回, グッドモーニング 松尾 妊娠, フィードバック 英語 ビジネス, シンゴジラ 続編 メカゴジラ, 河西健吾 肩幅, ティックトック 使い方 投稿しない, 水曜日が消えた 舞台挨拶, トレース ビジネス, 鬼滅の刃 ウエハース 予約, 粉末 コーヒー 英語, 鬼滅の刃 一話 無料, バスソルト 手作り 販売許可, 中曽根康弘 家族, ナラ材 オーク材, 影法師 小説, 必要な項目 英語, ジュリアン スィーヒ インスタ, 鬼 滅 の刃 キャラクター 模様, Explore 意味 スラング, コロゥ剣 グローリー アビリティ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

テスト